ブータンの乾燥松茸

グリーンライフ住人、屋台の常連でもあるHさんが、この連休を利用してブータンに旅行に行った。お土産に乾燥松茸をいただいた。
画像

裏から見ると中が見える
画像

明らかに日本人観光客向けのお土産である。ブータンへの旅行は、政府の定める独特の公定料金システムがあるそうだ。また資格を持ったガイドを伴わない観光はできないらしい。
Hさんに感想を聞いてみたが、ホテルはお湯が出ないし、朝から夕方までガイドがついていて単独行動が許されない、買い物は決まった場所で、食事は用意されたものだけで注文を聞かれるのはジュースだけ、タバコが吸えるのはホテルの自分の部屋だけ、タバコは全く販売されていない、有名なお寺までは2時間半のトレッキングで途中で脱落者続出、到着したお寺は撮影禁止、ウイスキーは1杯約1,000円、氷を頼むとないと言う、ストレートか水で割るかしかない。
北朝鮮に行った事はないが、話に聞く北朝鮮みたいに管理されたツアーのようだ。きっといいところもあったと思うが聞き忘れた。
ネットで、観光に行った人の感想を探してみたが、悪いことは何も書いてなかった。情報も少ないのかも知れない。Hさん曰く、「一度は行ってみる価値のある国です。でも私は二度と行きません。」
九州と同じくらいの面積に、70万人しか住んでいない国ブータン。世界一幸せな国ブータン。皆さん一度行ってみては・・・・・
今夜は、屋台でブータンの「松茸ご飯」でもご賞味あれ!

"ブータンの乾燥松茸"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: