タイ人の時間感覚

1989年にタイに来た時、バンコクにはBTSも地下鉄もなく、道路は大渋滞が当たり前、雨でも降ろうものなら全く動かなくなった。遅刻してくるスタッフは「ロッティット マーク。」これですべてが許されていた。
当時は時間が読めないため、仕入先や得意先とのアポイントは、午前1件、午後1件しか約束もできない状態であった。
タイ人の約束の時間の決め方は今でもそうだが、「トンチャーオ」(午前中、10時から12時までの間)「トンバーイ」(午後1時から3時くらいの間)、「バイバーイ」(午後の遅め、2時から4時くらいの間)、「トンイエン」(午後4時から6時の間) という約2時間巾の決め方をする。
日本人は、朝10時とか午後1時という風に約束することに慣れているので、妙に腹が立つ。「何時に来るんや?!」となるわけだ。
この習慣は、20数年前を引きずりながら、タイ人の生活に根付いてしまったのかも知れない。行く人も待ってる人もタイ人同士だと腹が立たないようだ。基本的に、自分もそうするから、相手がそうしても許せる「マイペンライ」の世界なのだ。

"タイ人の時間感覚"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: