ゴルフとビジネス

昨日ある取材を受けた。タイのゴルフをこよなく愛する人が対象だという。
その中で、ゴルフとビジネスの共通点は何ですかという質問を受けた。実はそんなことを考えたことがなかったので、その場では答えられず、あとで考えて送りますと答えた。
インタビューが終わってから、ゆっくり考えていると様々なことが浮かんできた。結局「無理をしないこと」だと思った。
ティーショットがぶれて林に入ると、調子の悪い日ほど、前の木の間を抜きたくなる。その間を抜ける腕があったら自分は今そこにいないのだということを忘れてしまう。だから、無理をせず横のフェアウェーに出せば、ボギーかダボでもあがれるわけだ。
2打目の池越えでもそうだ。ライが悪いとか、飛距離ギリギリで狙うと、必ず失敗する。池の手前にきざんで仕切りなおす方がいいだろう。偶然にいいトラブルショットが出たことを、実力だと過信すると、次に必ず大失敗をするものだ。
その他、色んな事が思いついてきた。たとえば、「段取りをよくしてスロープレーをしないこと」。
自分より遠い人がパットしているときには、自分の打つ方向を先に見ておいて、彼が終わればすぐに打てるように準備するとか、少しでも早くボールのところに行って、クラブ選択をして素振りをしておくとか、迷わず決断するとかだ。
また「周囲の環境に左右される」と言うことも共通点かも知れない。相性の悪い人と一緒に回る、付いたキャディが気に食わないとかの人的要素。天候などの自然要素によって影響を受ける。
こんなことを考え、自らを反省し、イライラして自分で崩れていかないように再考するいい機会となった。
明日のゴルフは、肝に銘じて、自分のゴルフができればいいなと思う。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック