老夫婦の「カノムパン・イェン」(冷やしパン)

海岸通りを市場の方に向かい、眼鏡屋の角の小さなソイを曲がったところに「タン・モン・セン」という老夫婦が営む「カノムパン・イェン」の店がある。
画像

画像

「カノムパン・イェン」直訳すると「冷やしパン」。小さく切った数切れのパンの上に、カキ氷を載せて蜜がかかった昔ながらのデザートだ。わかりやすく言うと日本のカキ氷の底にパンが入っているものだ。
手前がコーヒー味、向こう側が日本で言う「イチゴミルク」
画像

この店、おじいちゃんとおばあちゃんが営んでいて、店内も昔懐かしい雰囲気が漂う。
画像
画像

よくある昭和の雰囲気に作った店ではなく、昔から何も変えずにやっていたらこうなったと言うことだ。だから本物の雰囲気である。また老夫婦が良く似合う。「カノムパン・イエン・カフェー」とか、「カノムパンイェン・ナムデーン」と注文すると、おじいちゃんがカンナで氷を削り始める。それをパンの上に乗せてシロップをかけて出てくるのだ。
上の写真から少し食べると中からパンが見えてくる。
画像

出してくれた水のグラスも、パッと見は「コカコーラ」かと思ったが、よく見ると「カーネーション」って書いてある。見たことがない何のブランドだろう???
何を頼んでも一皿20バーツでとても美味しい。平日のお昼休みには、満席になるくらいお客さんが入っている。聞くとシラチャでは昔からある有名な店らしい。店名の「タン・モン・セン」も漢字で書くと「陳茂盛」で、華僑老夫婦が長くやっている店だ。久しぶりにホッコリするいい店見つけた。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

  • msd

    この店いいですねー!行ってみたい!!

    カーネーションは練乳のブランドですよ。
    タイのコーヒー屋が使ってるのは大抵カーネーションです。
    2014年12月02日 00:37
  • 管理人のおじさん

    そうですか、練乳のブランドですか。なるほど・・・。
    気に入って、週に一度は行きます。
    2014年12月02日 11:54

この記事へのトラックバック