シキチョウの産卵

去年も一昨年も紹介したのだが、シキチョウという鳥がいる。英語名にはRobinがつくからコマドリの仲間なのだろう。ウグイスのようなきれいな声で鳴く。
画像

このシキチョウ、毎年、アパートの周りの木に取り付けた巣箱に産卵に来る。一昨年、去年は、アパート裏の木にやって来た。一昨年は、卵を確認しに時々覗いたり、写真を撮ったりしてたら、親鳥が来なくなった。去年は、卵は孵化したのだが、ガードマンと私が覗いていたら、またもや育児放棄してしまった苦い経験を持つ。
実は、今年、アパートの入り口横の2mもない木の巣箱に産卵した。6月半ばに一生懸命巣作りを始めてから、ガードマンと二人で、今年は孵化してヒナが飛び立つまで、絶対に近づかず無視しようと約束した。
画像

写真右のベンチの後ろの低い木に木製の巣箱をかけてある。今年は写真も撮らず、近づかず、近づくものはガードマンが注意するという万全の体制で見守った。
その結果、無事に産卵し、孵化し、1週間前から、親鳥が二羽で、餌をくわえて飛んできては、ヒナに与えている。ガードマンの話によると、親鳥が飛んでくると、ヒナの小さな泣き声が聞こえるという。それでも二人は、見ずに我慢している。ヒナがもう少し大きくなり、飛び立つ寸前くらいに、写真が取れれば嬉しいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

  • りえねえ

    デリケートですね?
    ツバメなどは、写真もなんのそので子育てするようですけど。
    2013年07月16日 18:58

この記事へのトラックバック