シーチャン島でGT・ロウニンアジが釣れた!!

シーチャン島で太刀魚が釣れだしたというのを聞いて、昨日の19日北さんの手配でアオウドムから乗船した。 メンバーは、北さん、中川さん、松田さん、金平さんの5人。 この日は、19日20日が急遽祭日扱いになったためか、灯台沖のポイントに到着した時は、多くの釣り船が出ていた。 この日の、私は神降臨状態であった! まず、第1投目のジグにタチウオではない魚がかかった。結構な引きで、おそらくサワラがかかったと思った。ところが上がってきたのは、80センチのウマズラアジ!! thumbnail_IMG_4538.jpgthumbnail_IMG_4532.jpg この日、「目標は、5人で太刀魚50匹!!」と皆で話していたのだが、朝早いうちは、ウマズラアジ以降は低調で太刀魚も、ぼちぼちしか釣れない。実は、太刀魚を食いに来るサワラを釣ってやろうと、前々日にタチウオの泳がせ釣り用にワイヤーの6本針仕掛けを作っていた。thumbnail_IMG_4531.jpg 4匹目に釣った小さめの太刀魚をこの仕掛けにつけて、泳がせ釣りで1本置き竿にした。そしてものの5分くらいで、その竿が大きくしなった。「おっ、来た来た!サワラが来たぞ!!」とばかりに、竿を引き上げると、すごい勢いでラインが出ていく。私がこの敵と格闘したのは15分くらい、その後、握力はなくなるは、腰は痛いわ、で船頭に代わってもらった。船頭も途中で息子に代わり、また船頭に代わりを繰り返し40分が経過したころ、やっと魚影が見え、何とか上げることができた。それは、私も見たことがないロウニンアジ・GTだった。 thumbnail_IMG_4542.jpgthumbnail_IMG_4543.jpg 皆代わるがわる記念写真を撮影した。長さ110センチ、帰宅後の計量で18キロだったことが分かった。 シーチャン島近辺にこんな大きなGTがいたなんて、信じられない。シーチャン島舐めたらあかんで!!だ。 この騒ぎの後、11時以降、太刀魚の入れ食いが始まった。thumbnail_IMG_4545.jpgthumbnail_IMG_4536.jpg 大きさは指3本のサイズばかりだが、釣れるは釣れるは、チャンピオンは中川さん一人で30尾、次は私の25、北さんの20、と続き、5人で合計92尾を釣り上げた。まだまだ釣れていたが、3時15分納竿で帰宅した。昨日は何もかもが新記録だった。 私には神降臨の一日となった。今日は朝から、腕、肩、腰の筋肉痛で昨日の余韻が残っている!!
posted by 屋台の親父 at 12:57Comment(0)

バーンサレー釣行・バンコクから参戦・加藤、高橋

皆様にはご心配をおかけしている「おでん屋クンちゃん」ですが、新たなスタートに向け現在工事中です。今月末くらいにはオープンできるよう頑張りますので今少しお待ちください。 9日1か月ぶりにバーンサレーから釣りに出た。今回は歌行灯の加藤氏、高橋氏がバンコクから初参加。なんと船酔いするクンちゃんも参加、どう見ても釣りに行くファッションではないのだが、自分の写真撮影のために来たようだ。 船頭はいつものジェー thumbnail_IMG_4029.jpg この日は強風が吹き、カムヤイ島の沖までは出られなかったので、手前のポイントで釣り開始した。 ビギナースラックとは本当にある。舳先で釣っていた高橋君にヒット。慣れない竿さばきで釣り上げたのはイトヒキアジ IMG_4041.JPG その後潮もどんどん早くなり、500gでも底が取れない状態になった。少し潮の緩いところへ移動。そこで珍しく良い型のキュウセンフエダイが連発した。 thumbnail_IMG_4035.jpgthumbnail_IMG_4038.jpg この日は、潮が早くトモで釣っていた加藤さんと松田さんの二人にばかり当たりがあった。二人には70センチのクィーンフィッシュも来るし、松田さんは写真のようにバラエティに富み最後にはかわいいイトヒキアジまで・・・・! 加藤さん.jpg松田さん.jpg 魚種は、クィーン、イトヒキアジ、キュウセンフエダイ、カンモンハタ、アオスジハタ、と色々釣れたが数は多くはなかった。 thumbnail_IMG_4025.jpg 夜はあさみで、懇親会。 thumbnail_IMG_4028.jpg バンコクから来た皆さんも大喜びで美味しくいただきました。
posted by 屋台の親父 at 12:09Comment(0)

4か月ぶり、バーンサレーから釣行

やっと先月からバーンサレーからの釣り船が解禁になり、昨日4か月ぶりに出た。4か月釣り人が来てないのでお魚ちゃんも大きくなってることを期待しながら・・・・ thumbnail_IMG_3866.jpg 今までイトヒキアジを釣ったことがなく、今回はイトヒキアジを絶対釣るぞと意気込んでいた安藤さんに待望のイトヒキアジが来た。 thumbnail_IMG_3876.jpg 続いて同じ会社の松田さんが、ヒシカイワリ、クィーンフィッシュ、イトヒキアジと次々と釣り上げた。 松田さん.jpg この日は、中心はクィーンフィッシュだったが、結構バラエティに富んだ。スジアラ、良型のマブタシマアジ、ヨロイアジなど thumbnail_IMG_3875.jpgthumbnail_IMG_3873.jpgthumbnail_IMG_3871.jpg クィーンフィッシュは、たくさん釣れたが型はすべて同じ大きさで50センチから60センチの間だった。 この日、最大は、前で釣っていた川内名人が、納竿15分前に釣り上げたウマヅラアジ、この辺ではあまり見ないが70センチの大物だった。 川内さん.jpgthumbnail_IMG_3879.jpg 昨日の竿頭は川内さん。そのほかクィーンフィッシュも4尾を上げ、大漁の一日となった。 thumbnail_IMG_3884.jpg 食べれる分だけ「あさみ」に持ち込み、他はご近所に配って、夜の宴会となった。 料理.jpgthumbnail_IMG_3896.jpg 風があって暑くもなく天候に恵まれ、久しぶりの楽しい釣行となった。
posted by 屋台の親父 at 12:42Comment(0)

今週のシーチャン島

毎週日曜日にシーチャン島に釣りに行くのが、習慣になってしまった。メンバーも皆暇なのか、ほぼ参加者も同一。昨日はいつものキタさん、中川さん、川内さん、久保さん、2週前と同じメンバーだ。 昨日は、雨も降らず良かったかといえば、直射日光で熱中症寸前までになってしまった。どんどんよく釣れる日は、そんなことも忘れて没頭できるのだが、釣果が渋いとどうしてもタバコの量も増える。 まずは、太刀魚狙いだ。やはりだんだん少なくなってきているのと、サイズが小さくなってきた。昨日は全体で10尾しか上がらなかった。 thumbnail_IMG_3716.jpg 11時にはマテアジ釣りに移動した。これもまた渋い、型はいいのだが、全体で8尾。そのうち3尾を釣った久保さんのは、30センチ近い大物ばかりだった。アジ名人は中川氏だが、この日は迷人だった、不思議なものだ。 納竿時間も近づいてから、私のサビキに良型のバラクーダ   納竿寸前、アジ名人中川氏にピアが来た。可愛いサイズだったが、最後の最後でアジ名人の復活 IMG_3717.JPG  結局この日の釣果は、太刀魚10、マテアジ8、バラクーダ2、ピア1、雑魚多数。 それでも、また行きたくなるのは、自粛規制のせいだろうか????
posted by 屋台の親父 at 12:53Comment(0)

初めての太刀魚が坊主・シーチャン島

この表題は、私のことである。他の人は釣れたのに私は一尾の太刀魚もお目にかかれなかった。 昨日の釣行は、5人。今回シーチャン島タチウオ初挑戦の安藤氏が初参加。 thumbnail_IMG_3700.jpg この船、トモに日影がなく、めちゃくちゃ暑いので、じゃんけんで負けた私と安藤さんが悲惨なトモに。 いつもの太刀魚ポイントに到着後、全員でしゃくり始めた。先週3尾を上げた川内さんが再び3尾。彼曰く、神様が3尾以上釣るなと・・・・ その後、初参加安藤さんにも一つ。 thumbnail_IMG_3701.jpg でも結局、太刀魚はここまで、他3人は坊主だった。その後マテアジを釣りに行こうということでポイント移動。サビキに変えて釣り始めたが、トモの二人には全く当たりすらなかったが、前ではアジ釣り名人となった中川氏が、せっせとマテアジを上げていく。そんな折に、川内さんにはこの日の最大となる45センチのマブタシマアジを上げる。IMG_3703.JPGIMG_3704.JPG 結局、2時までトモの私は坊主、安藤さんも午前の太刀魚一つだけという悲惨な状況になったが、神様は納竿寸前に私のサビキにバラクーダを一つ恵んでくれた。こんな日もあるのか??潮も早かったのでその影響かも? ということで、坊主の私に皆さんが分けてくださったマテアジを、今夜から「シメアジ」で出します。乞うご期待!!
posted by 屋台の親父 at 18:23Comment(0)

週末のささやかな賑わいと、日曜日のシーチャン島

先週は、常連のお客さんも限られたメニューに飽きたのか低調だった。でも週末は金曜日カレーの日でもあり、タイ人のお客さんが座って食事する風景も多く見られた。ちょっと嬉しい週末となった。 thumbnail_IMG_3673.jpg 昨日の日曜日、キタさんの手配でシーチャン島の船が予約できた。アオウドムまで迎えに来てもらっての釣行だ。2か月近く釣りにも行ってないので、太刀魚はまだいるのだろうか?まだいるという人や、もうシーズンは終わっていないという人やら色々いて、半信半疑でジグも持参した。 メンバーは、キタさん、ジギングプロの中川さん、シラチャに出戻り赴任したばかりの川内さん、とバンコクから久保さんの5人 thumbnail_IMG_3680.jpgthumbnail_IMG_3681.jpg まずは太刀魚ポイント。早い時間は全く当たりもなく、やはりいないのかと思われたが、10時前後から来始めた! 昼過ぎまでこのポイントで粘って、合計13尾。太刀魚以外の大物は0だった。私はうふふ、6尾を上げることができた。 thumbnail_IMG_3682.jpg その後、アジ釣りに移動。船頭が釣れてる場所を確認して移動するが時すでに遅し、最後に1時間だけということで移動したポイントが当たった。 マテアジばかり、30以上釣れた。私は1尾だけ????ここで頑張ったのは中川氏、一人で15前後釣っただろうか。いけすの中は、マテアジの群れになった。 3時半に納竿してそのままアオウドムに戻る。わざわざ連絡船で渡るのに比べ楽でいい。はまりそうだ。とりあえず太刀魚はまだいることが分かった。また来週も予約した。 ということで、今日から「締めアジ」と「太刀魚の煮つけ」がメニューに出ます。
posted by 屋台の親父 at 12:09Comment(0)

太刀魚狙いのはずが・・・・・

昨日の火曜日、シーチャン島へまたまた太刀魚釣りに出かけた。当初3人のはずだったのが、コサブさんが病欠となり、北さんと二人の釣行となった。 最近は生餌を用意してくれてるので、置き竿で泳がせ釣りでサワラ狙いをし、タチウオは手持ちでジグをしゃくることになる。シーチャン島プロフェッショナルの北さんは、泳がせ釣りの大物狙いに賭けているようだ。 ところが昨日は、泳がせ釣りの竿は、船頭含めた3人とも一度も反応なしだった。ジギングを始めてしばらくして、知り合いが乗っていた隣の船で1m近い「スギ」があがった。太刀魚を狙ってたジグに飛びついたようだ。そのすぐ後に、私のジグにも、太刀魚じゃない魚の引きが・・・・格闘の末上がってきたのは、1.15mのバラクーダだった。 IMG_3361.JPGthumbnail_IMG_3358.jpg 太刀魚が釣れなかったわけではない、北さんが8尾、私が5尾、船頭も入れると20尾の太刀魚があがった。しかし、サイズはかなり小さくなり指3本が大きい方だった。以前のような4本5本は全くいなかった。時期により小さいサイズになるのだろうか??? 巨大バラクーダも、太刀魚も船上ですべてさばき持ち帰った。昨夜から「太刀魚刺身」、今夜から「太刀魚塩焼き」「大カマス塩焼き」がクンちゃんのメニューに追加される。 thumbnail_IMG_3363.jpg
posted by 屋台の親父 at 18:47Comment(0)

シーチャン島のタチウオ、まだまだ釣れる!

昨日5日、北さん、コサブさんと3人で、シーチャン島の太刀魚釣りに行った。7時の連絡船を待っていると、船への積み荷を運んでくるトゥクトゥクがどんどんやってくる。そんな中に、なんと亡くなったローさんのトゥクトゥクがやってきた。いまだに「おでん屋クンちゃん」のステッカーが色あせてついていた。 IMG_3321.JPG これが現在の運転手。 IMG_3324.JPG 噂では、シーチャン島の太刀魚はあまり釣れなくなったと聞いていたので、どうだろうと思いながらの船出となった。 いつものポイントに到着し、早速ジグを振り始める。前回、前々回と最初にサワラが来たので、今回も「生餌(コノシロとアジ)」を用意してもらい、置き竿でサワラ狙いも並行した。今まで試しに、太刀魚テンヤ、太刀魚ダンゴ、など試してみたが、やはりジギングが一番効率がいい。 第1投目から、太刀魚がきた。 少し小さいのも混じるが、結局、私が11尾、コサブさん6尾の17尾があがった。 IMG_3327.JPGthumbnail_IMG_3325.jpg これが昨日の最大サイズ。指5本!! 泳がせ釣りには、結局サワラは来ず、船頭のフカセ釣りにクィーンが一つだけだった。 IMG_3329.JPG 早速おでん屋クンちゃんでは、昨日からお刺身、今日から塩焼きで出ます。ぜひご賞味あれ!! まだ太刀魚は、釣れそうです。いつまで続くのか????
posted by 屋台の親父 at 12:50Comment(0)

3月1日のバーンサレーからの釣行

昨日久々バーンサレーから出た。例年の実績からみると、3月ごろから6月までの4か月、カムヤイ島の周辺では大物がめっきり釣れなくなる。 今回はチェックがてら、行ってみた。メンバーは、松田さん、安藤さん、久保さん、初参加の高井さん、そしていつものコサブさん。 thumbnail_IMG_3299.jpg この日キャプテンジェーは、朝3時までエサのイカを捕獲に出ていたが、全くイカがあがってこず、生き餌はなしで始まった。 最初のポイントはカムヤイ島の西側まで回った。 第一投目で私の一つのイカに、チャイロマルハタとフエダイが同時にかかった。こんなことがあるのかと驚いていると、久保さんが右舷でスジアラをゲット。 thumbnail_IMG_3300.jpg その後、もっと沖に移動したら私に良い型のコロダイが来た。 thumbnail_IMG_3302.jpg その後は、しばらくヨコスジフエダイやカンモンハタしかかからない。潮もめちゃくちゃ早くなり、北側の島近くまで移動。 そこで、トモに陣取っていた安藤さんの竿だけに、マブタシマアジがかかり始めた。しかもすべて50センチ越えだ。 thumbnail_IMG_3305.jpgthumbnail_IMG_3304.jpg 一人で上げ続け、5尾も上げちゃった。そのあとコサブさんに一つ来て全部で6尾。 thumbnail_IMG_3309.jpgthumbnail_IMG_3306.jpgthumbnail_IMG_3308.jpg やはり、船頭も言っていたが最近は本命イトヒキアジは上がらなくなったと。でもバラエティに富んだ魚種があがり、釣果はまずまずだった。 夜はあさみで、宴会。ハタは煮つけに、スジアラ、コロダイは、刺身と寿司に、アジはナメロウとたたきに、フエダイは、塩焼き、唐揚げなどになり、皆で美味しくいただいた!! 寿司.jpg唐揚げ.jpg煮つけ.jpg マブタシマアジの残りは「締めアジ」に、フエダイは「タイの開き」になって、今夜からおでん屋くんちゃんに出ます!! thumbnail_IMG_3319.jpg
posted by 屋台の親父 at 13:26Comment(0)

シーチャン島のタチウオとサワラ

昨日木曜日、北さん以下4人でシーチャン島タチウオ釣りに出かけた。前回は、朝一番に中川さんにサワラを釣り上げ、その後船頭が15キロのサワラをあげた。そんなこともあり、今回は皆、タチウオ釣りというより「サワラ狙い」の準備をして、ワンチャイにも生き魚のえさを用意させての釣りとなった。 ポイントに着いて、私も小鯵の泳がせ釣りで置き竿にし、もう1本でジギングを開始した。北さんは、はなから泳がせ釣り2本を出していた。 まず、私のジグにタチウオが飛びついた。それを引き上げている最中に、隣の北さんの置き竿がジーーというドラグの音とともに糸がでた。 thumbnail_IMG_3263.jpg 明らかにサワラだ。しかも普通の大きさではない。途中で北さんの竿先も折れて、全く上がってこない。ワンチャイは、手袋をはめて、手で糸を手繰り始めた。 IMG_3266.JPG 途中根に入ったのか全く動かなくなったが、根気よく待ち、また走り出すという繰り返しで約40分、やっと弱ってきて、上がりだした。重りも回収し、あと3mのところまでまで来たとき、もぐりこんだ船底で、60ポンドのナイロンリーダーが切れた。 逃がした獲物は大きいというが、おそらく20キロ以上の大物だったに違いない。一番ショックなのは北さん、「そんなに大きなサワラでなくてよかったんだけど・・・・」 前回もそうだが、タチウオのポイントで、サワラは朝いちばんに来るようだ。その後は、一生懸命タチウオ釣り。なぜか、私のジグにばかりタチウオは、ファイトしてくる。 結局、生き餌にタチウオは、私の置き竿に来た一尾だけ。全体の釣果は、サワラ0、タチウオ12尾。そのうち私が釣ったタチウオが10尾を占めた。やはり、生き餌よりジギングが勝った。
posted by 屋台の親父 at 12:06Comment(0)

シーチャン島の太刀魚とさわら

4日北さん手配で、最近ハマっているシーチャン島に太刀魚釣りに出かけた。今回代休が取れたジギングマニア中川さんが初参加。さすが若い釣り師だ、ファッションも決まっている! thumbnail_IMG_3195.jpg ほか、いつものコサブさんも参加し総勢4人だ。ポイントに着き、まだ太刀魚が上がる前に、中川さんのジグに鰆がヒット。切られることもなくうまく上げた。85センチの鰆 thumbnail_IMG_3199.jpg 昨日の目標は、4人で太刀魚20匹。その後順調に太刀魚があがり始めた。なぜか私のジグによくかかる。運なのか?腕なのか? thumbnail_IMG_3207.jpg この海域、太刀魚を襲いに鰆がたくさん回っていたようだ。それを知る船頭は、釣った太刀魚をえさに泳がせ釣りをしていた。そんな太刀魚を一飲みする巨大サワラが、船頭に来た。大きさは125センチ、15キロを超える大物だった。 thumbnail_IMG_3201.jpgthumbnail_IMG_3204.jpg 結局、太刀魚は4人で22匹、目標達成した。そのうちなんと私が13匹を上げた。またまたハマってしまった。いつまで釣れるのかわからないが、アジ釣りより楽しい。 thumbnail_IMG_3206.jpg おでん屋クンちゃんでは、今日から、太刀魚のカルパッチョと塩焼きが出ることになる。すべて50バーツ。ぜひご賞味あれ!!
posted by 屋台の親父 at 12:56Comment(0)

イトヒキアジ爆釣・19日の釣行

日本から毎年1月に釣りに来る私のいとこ・湯浅さん、W社OBの津村さん・榎さん、いつものコサブさんに、プラス屋台のお客さんの久保さん、の6人でバーンサレーから出た。 thumbnail_IMG_3089.jpg 今回、久保さんは初参加だが、何かを持っているのだろう、ポイントに到着し他の誰もがまだ当たりの出ない時合にいきなり75センチのイトヒキアジを上げ、続けて今度は80センチのイトヒキアジを上げた。 thumbnail_IMG_3092.jpgthumbnail_IMG_3090.jpgthumbnail_IMG_3096.jpg その後、私にも1匹目は小さなイトヒキアジ、続けて70センチ弱が2匹、その間、久保さんは4匹目を釣り上げる。 thumbnail_IMG_3100.jpg 船のトモでは、日本からの3人が陣取り、ほぼ釣り経験のない榎さんはせっせとサビキで小物釣り、湯浅さんは待望のイトヒキアジ2匹を釣り上げる。 thumbnail_IMG_3103.jpgthumbnail_IMG_3099.jpg トモの津村さん、大きなあたりもなく、あきらめかけた頃に、特大のコロダイが喰った。 thumbnail_IMG_3098.jpg これで日本から来た皆さん全員に釣果があり、2時で納竿。結局イトヒキアジは、久保さん4枚、私が3枚、湯浅さん2枚の合計9枚上がった。なかなかの釣果だった。 thumbnail_IMG_3101.jpg 夜は、総勢14人であさみで宴会。おなか一杯、美味しくいただいた。 collage_photocat.jpg イトヒキアジの残り6枚は、今日朝から干し、今夜から「オオアジの塩焼き」で屋台に出ます。乞うご期待!! thumbnail_IMG_3120.jpg
posted by 屋台の親父 at 16:40Comment(0)

初めての太刀魚(タチウオ)釣り

シーチャン島で太刀魚が釣れていると噂で聞いていた。いつもの年金釣りサークルのメンバーで14日に行ってみた。 太刀魚のジギングなんてしたことがない私、事前に爆釣屋の野津さんところへ相談に行き、100gと80gのメタルジグを数個と仕掛けの作り方、しゃくり方の指導を仰ぎ、胸をときめかせながら釣行に出た。 灯台の少し沖のポイントに到着、そこだけは50m以上はある深場。釣れるかどうか心配しながらジグを落とししゃくり始めた。しばらくしてガーンと当たりが!!生まれて初めての感触だ。 thumbnail_IMG_3065.jpg 一つ目をゲット。大きなサイズ、いわゆる指4本というやつだった。その後も次々と当たりがある。どうゆうわけか、私の竿だけに当たりが来る。 たまたま、私の竿、リール、しゃくり方が合ったのだろう。2時間弱で全部で12匹上がったのだが、コサブさんが2匹、船頭が2匹、私が8匹という釣果だった。 thumbnail_IMG_3068.jpg 大枚はたいて買ったジグは、二つ切られてなくなってしまった。3つ目は切られまいとハリスをワイヤーに交換したが、それでも釣れた。ジギングは腕が疲れるが、あの食った時の感触は何とも言えない。はまりそうだ。 その後、ピア狙いにポイントを移動したが、低調だった。筒井さんがピアを一つ上げただけで、あとはアイゴの群れに泣かされた。 そんな中、船頭のサビキにクロダイが来た。珍しいことだ。それはいただいて、夜の朝子さん偲ぶ会に刺身でごちそうした。 thumbnail_IMG_3070.jpg 太刀魚はいつまで釣れるか知らないが、久しぶりに面白い釣りができた。また行きたい。

2020年初釣り・バーンサレー

年末から遊びに来ていた菅澤さんのたっての希望で4日に船釣りを予定した。そこへ30年来の友人「歌行燈」の加藤さん、内装屋の住友さんがバンコクから参加、そしていつものコサブさんと山田翁を加えて6人の釣行となった。 thumbnail_IMG_2938.jpg 3人は初の参加で、釣り経験も乏しいので、船のトモの一番いい場所に陣取った。私とコサブさんは横、山田翁はいつもの舳先へ陣取る。 山田翁は、いつもの大型サビキで、マメに次々と小物を釣り、50センチのコロダイを一番先に上げる。 午前中は、当たりもなく、初参加の3人も退屈し始めた。場所を移動し、ヨコスジフエダイが食い始めた。しかし大物の引きはまだない。 午後になり、私の竿に最初に55センチのイトヒキアジが来た。 thumbnail_IMG_2939.jpg コサブさんにもコロダイが thumbnail_IMG_2944.jpg 続いて私に、小さめの40センチほどのイトヒキアジがきた後、しばらく全く当たりがなくなった。 山田翁がどんどん小物を上げていたが、そのうちバラクーダが回ってきた。トモの住友さんにもバラクーダがかかった。 ぼちぼちかなと納竿時間を考え始めた2時を過ぎてから、菅澤さんの竿が大きくしなった。初心者菅澤さんの格闘が始まった。 thumbnail_IMG_2940.jpg 周りのうるさいくらいのアドバイスを受けながら、格闘すること約10分、あがってきたのは当日最大68センチのイトヒキアジ。おめでとう!! thumbnail_IMG_2945.jpgthumbnail_IMG_2942.jpg これで初参加の一人が大物ゲットできて3時になったので「皆さん納竿です!」と声をかけて、私も仕掛けを回収始めた。その時回収途中の私のえさに獲物が飛びついてきた!菅澤さんのより1センチ小さい67センチのイトヒキアジ! thumbnail_IMG_2949.jpgthumbnail_IMG_2946.jpg 食いの悪い中、私の竿にはイトヒキ3枚が来てくれた。今年も大漁の予感がした。 加藤さんと住友さんは、この海に大物がいるのを目にし、次回道具を買ってリベンジに来るぞと燃えていた。 あさみも正月休みのため、台湾小吃に持ち込み楽しい懇親会。釣った魚が高級中華料理に変身だ。持ち込んだのは、コロダイ2、ウメイロ1、大きめのフエダイ3、マブタシマアジ1。 thumbnail_IMG_2965.jpgcollage_photocat.jpg 残りの魚は、5日の朝からさばいて干物に。イトヒキアジは、切り身で塩焼き用の干物にthumbnail_IMG_2966.jpg バラクーダ4匹とヨコスジフエダイ8匹は、「カマスの干物」「タイの開き」用に干物に thumbnail_IMG_2967.jpg 今夜から営業開始のおでん屋クンちゃんに出ます。
posted by 屋台の親父 at 13:13Comment(0)

日曜日のサヨリ

コローイの橋は、近くていい。最近は週2回くらい自転車で行く。サヨリが回ってなければ30分でやめて帰宅といったような非常に便利な釣り場である。昨日は、満潮が午後1時55分だったので、午前中にウォーキング、筋トレ、食事も終えて、12時半にコローイに行った。 前日、屋台常連の中川さんに声をかけていたので、彼も少ししてやってきた。非常に風が強く波もあり、ウキの反応が分かりにくいので、置き竿の先だけを見ながら待つことにした。1時を過ぎたころから、釣れ始めた。ルアー釣り専門の中川氏は、ワームで挑戦していた。 thumbnail_IMG_2804.jpg 中川さんも、コローイのサヨリ釣りにハマりそうだ。昨日は結局3時半まで釣って、33匹の釣果 thumbnail_IMG_2805.jpg 帰ってすぐに開いて、今朝からベランダに干した。今日の夜には、おでん屋クンちゃんのメニューに「サヨリの干物」が出る。乞うご期待! thumbnail_IMG_2807.jpg
posted by 屋台の親父 at 12:10Comment(0)

サタヒップ沖・昨日の釣果

ジェーの船でサタヒップから出港、サタヒップ沖に出た。ジェーの話では、イトヒキアジはここ最近少ないとのことだが、ヨロイアジがよく釣れるとのことだった。今回も彼がなかなか餌のイカが捕れないところ、朝4時まで、サメサーンの方まで出向いてやっと確保してくれていた。 thumbnail_IMG_2768.jpg メンバーは、いつものコサブさん、松田名人、長谷川さん、山関さんの5人 thumbnail_IMG_2771.jpg この日の満潮が9時17分だったので、ポイントに着いてからちょうどよい潮加減になっていた。第一投めからピア(ヨロイアジ)がヒット、5人全員が11時までに、2枚から3枚を釣り上げた。数少ないといわれていたイトヒキアジもコサブさんが一つ。 thumbnail_IMG_2775.jpgthumbnail_IMG_2780.jpgthumbnail_IMG_2779.jpgthumbnail_IMG_2777.jpgthumbnail_IMG_2776.jpg この日私の竿には、ヒシカイワリが一つ上がった。ヨロイアジとヒシカイワリは、よく似た魚だが、シーチャン島のワンチャイは、ヒシカイワリもヨロイアジも「ピア」と呼ぶ。しかし、ジェーによると、「ピア」はヨロイアジで、ヒシカイワリは「フーペー」という違う魚だという。 ちょうど、2種類が釣れたので、比較写真を掲載しよう。 thumbnail_IMG_2773.jpg 上がヒシカイワリで、下がヨロイアジだ。下あごが大きく出ているのがヒシカイワリだ。こう比べると違いがよくわかる。ヒシカイワリの方がゼイゴが発達していて盛り上がってて固いので、引きが強いのだとか。 この日は、結局13枚のアジ類をゲットしたが、魚のバラエティには欠けた。夜は台湾小吃に持ち込み、高級中華で美味しくいただいた。 残りは、今朝から干物にしているので、今夜から屋台で「オオアジの塩焼き」で振る舞う。collage_photocat.jpg
posted by 屋台の親父 at 14:12Comment(0)

28日シーチャン島の釣果!

最近シーチャン島で、ピア(ヒシカイワリ)の大物の釣果が続いているという。そこで昨日28日に我らが年金生活者釣り同好会のメンバーで行くことになった。メンバーは、北さん、コサブさん、筒井さんと私の4人。北さんがワンチャイ船を予約してくれて向かった。 いつものアジ釣りサビキではなく、皆さん大物用の仕掛けを考えて準備してきた。 ポイントは、前日に爆釣だったという島の南端。ところが午前中、アイゴが沸いててピアは気配もなく、全くダメだった。皆がっくりして諦めかけていたのだが、12時半の潮止まりを過ぎて上げ始めたころ、トモで釣っていた筒井さんとコサブさんに大きなあたりが来た。ピアが回ってきたのだ。筒井さんには何回もピアのあたりがあったが、切られたり針が折れたりで4回ばらした。コサブさんも1回ばらしたが2引き上げた。 thumbnail_IMG_2757.jpg 筒井さんも上げた。 thumbnail_IMG_2760.jpg しかし、前で釣っていた私と北さんには、全く当たりがなく、後ろだけにピアが来ていた。私と北さんは「今日は二人は坊主かな?」とショックを受けていたら、私の竿が舞い込んだ。ちょっと驚くような引きで、道糸がどんどん出ていく。しばらくの格闘の結果、釣りあげたのがこれ!! thumbnail_IMG_2753.jpgthumbnail_IMG_2749.jpg シーチャン島にこんな大きなピアがいたなんて、シーチャン島馬鹿にできないと思った。そんな中、北さんだけがピアに出会えなかったが、納竿10分前に片づけを始めた北さんの置き竿が、水の中へ、ちゃんと落ちないように紐でくくっていたのはさすがシーチャン島の常連だ。最後に北さんも上げて、全員ピアゲットで、うまく収まった!わずか1時間ほどの爆釣だった。 thumbnail_IMG_2756.jpg
posted by 屋台の親父 at 17:14Comment(0)

おじいちゃん達のサヨリ釣り!

やっと日曜日にコローイの夜店が終わり、月曜には撤去が始まった。それを待っていたのは、おじいちゃん達のサヨリ釣り同好会?? 私もロイカトーン中に、エサのゴカイを仕入れ、事前に塩漬けして冷凍保存しておいた。 thumbnail_IMG_2706.jpg そして火曜日の朝、ウォーキングのついでにコローイの橋を見に行ったら、テントの骨組みはまだ撤去されていないものの、釣り場は広く空いていた。早速、道具をもって午前9時半にサヨリ釣りに出かけた。この日の満潮は10時55分だったので、ちょうどいい時間だった。 するとどうだろう、すでに筒井さんと北さん、しばらくして山田翁まで到着。申し合わせもなしに、サヨリ同好会が全員集まった。皆、夜店がなくなるのを首を長くして待っていたのだろう。 thumbnail_IMG_2713.jpgthumbnail_IMG_2710.jpg サヨリも多く回っていて、12時までで27匹をゲット。 thumbnail_IMG_2715.jpg 昨夜はたくさんの仕込みがあったため、魚をさばく時間がなく、今朝早くおきて27匹のサヨリを開いて、たて塩し、ベランダに干した。 thumbnail_IMG_2716.jpg 今夜から、「サヨリの干物」がおでん屋クンちゃんに出ます!!
posted by 屋台の親父 at 13:47Comment(0)

11月2日の釣行・岩崎さん最後のバーンサレー!

2日の土曜日、バーンサレーから、キャプテンジェーの船で出た。この日は朝から悪いことが続いた。前日に遅くまで屋台で飲んでいたメンバーが寝過ごして少し遅刻。バーンサレーに着いて、キャプテンジェーから、昨夜は風が強く、潮が白く濁り、えさのイカが全く捕れなかったと聞かされる。結局、新鮮な「死にイカ」をえさに釣ることとなった。 メンバーは、松田さん、安藤さん、山関さん、いつものコサブさん、そして今月末に帰任が決まっている岩崎さんの6人だ。 thumbnail_IMG_2540.jpgthumbnail_IMG_2542.jpg この日は、最初のポイントに到着したときは、潮もいい感じで流れていた。その間に、コサブさんにコロダイ、松田さんにクィーンが来た。 thumbnail_FullSizeRender (1).jpgthumbnail_IMG_2543.jpg それも束の間で、どんどん潮が早くなり、500グラムでも底が取れない状況になった。そこで少し潮の緩い場所にポイントを移動した。その場所もまたどんどん早くなり、おもりを300グラム足して800グラムにして、底につけたが、魚は食いそうな気がしなかった。私に最初来たのはサメ! thumbnail_FullSizeRender.jpg その次に、引きもなくただただ重たいだけの獲物、まるで座布団を引き上げているような感触。上がってきたのはこれ。 thumbnail_IMG_2548.jpg そんな中、松田さんの竿にスジハタがきた。 thumbnail_IMG_2551.jpg 私の竿に再び当たりがあったのだが、またサメ。トモで頑張っていた今回最後の岩崎さんの竿にもやっと獲物がかかったが、サメ。 thumbnail_IMG_2547.jpg 最後のバーンサレーなので、一応記念写真は撮った。小物に悩まされていた安藤さん、最後にいい型のキュウセンフエダイ。 thumbnail_IMG_2554.jpg 小さいのは、皆さんぼちぼちかかっていたが、見栄えのするのは、これだけで終わった。 thumbnail_IMG_2555.jpg 本命のイトヒキアジはゼロで終わった。ジェーが言うには、雨季が明けて、水温が下がり、ここ数日イトヒキアジが上がらないそうな。 私なんぞは、サメ2匹とエイが1匹、あと小物。泣きそうな一日となった。 土曜日はおでん屋も営業しているため、私は宴会に参加できなかったのだが、「台湾小吃」に魚を持ち込んで、料理してもらい、ほかの皆さんで召し上がっていただいた。 料理.jpgIMG_2556.JPG 12月は頑張ります!!
posted by 屋台の親父 at 13:18Comment(0)

コローイのサヨリ釣り

乾季に入り、サヨリ釣りのシーズンになった。北さん、筒井さんに誘われ、昨日朝7時過ぎから行ってみた。お二人はすでにコローイの橋の上に陣取って釣っていた。 thumbnail_IMG_2533.jpgthumbnail_IMG_2535.jpg えさは、筒井さんが用意してくれたゴカイ。他にいい餌を探すが、イカでも食わないし、今のところゴカイを小さく切ってつけるしかない。 朝の乾季の気持ちいい風を受けながら私も竿を出す。 thumbnail_IMG_2536.jpg コローイで釣れるサヨリはほとんどが「えんぴつサヨリ」と言われる小さいやつ。でも表層を泳ぐサヨリを独特のサヨリ仕掛けで釣るのは面白い。9時ごろまで釣って、3人とも結構釣れた。 thumbnail_IMG_2538.jpg 持って帰って早速、開いて「たて塩」して、ベランダに干した。 thumbnail_IMG_2539.jpg 小さいが、美味しそうな開きになった。今朝ウォーキングのついでにコローイに行ったら、筒井さんが再び竿を出していた。クーラーの中には10数匹すでに釣れていた。まだしばらく楽しめそうだ!!
posted by 屋台の親父 at 12:12Comment(0)

6日(日曜日)の釣行とクンちゃんの誕生日パーティ

日曜日、釣行に出た。当初6人の予定だったが、仕事があって一人脱落、その後インフルエンザで一人脱落、結局4人になった。くしくもクンちゃんの誕生日で、夜は皆さんにごちそうするため、坊主は許されないプレッシャーのかかった釣りとなった。 メンバーは、日本から参加の新木さん 新木.jpg 岩崎さんといつものコサブさん コサブ岩崎.jpg 今回は朝から遠出し、カームヤイ島の西側まで出た。時間にして2時間走った。 IMG_2428.PNG えさの生きイカは、十分確保されていた。さすがキャプテン・ジェー! 当初潮が早く、10時過ぎに潮が緩むのをじっと待った。少し潮が緩んだ瞬間、ばたばたと来た。 sakamoto.jpg kobayasi.jpg その後、新木さんにも竿が舞い込むあたりがあったが、ドラグを締めすぎてて、切られてしまった。岩崎さんにも明らかにイトヒキアジがかかったが、途中ロープの下に回られ、あえなくばらしてしまった。 コサブさんにもう一つ、ヒシカイワリの大物も来た。 thumbnail_IMG_2432.jpg これで何とか宴会用の魚は確保できたので、1時半に早々納竿した。 夕方7時から、クンちゃんの誕生日パーティを店で開催。たくさんの常連客のお客様が来てくれた。 thumbnail_IMG_2433.jpg皆さん.jpg 山関さん家族や、日本からこのために?出張にきた山本さんなど、多くの皆さんにご参加いただいた。今回も知り合いのバーベキュー屋に来てもらい焼き鳥バーベキューを振る舞う。 thumbnail_IMG_2435.jpgthumbnail_IMG_2436.jpg クンちゃんの娘がすごいケーキをもってお祝いに駆け付けた。 thumbnail_IMG_2447.jpgthumbnail_IMG_2449.jpg それがこれだ。食べておいしいかどうか別にして、すごい作りでみんな驚き!! thumbnail_IMG_2452.jpg 私が用意したケーキがかすんでしまった。 thumbnail_IMG_2450.jpg やっと魚が調理されて出てきたが、そのころには皆おなかも一杯になってた。 read_pic.jpg シャンペン・ワインもたくさんいただき、みんなで乾杯!! kannpai.jpg その後有志でカラオケに繰り出し、久しぶりに午前様の帰宅となったが、いい誕生日になったと思う。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
posted by 屋台の親父 at 18:30Comment(0)

久しぶりの大漁釣行!!

昨日の22日、6人で釣行に出た。熱帯低気圧のせいで毎日大雨が降り、朝も不安の中出発した。昨日は、同行の長谷川さんがコミューターを出してくれたおかげで、私も自走することなく楽にバーンサレーまで到着。 メンバーは、長谷川さんといつものコサブさん、グリーンライフの岩崎さんと安藤さん、着任間もない松田さんの6人だ。 thumbnail_IMG_2361.jpg 船頭ジェーは、条件も悪い中、前日にえさの生きイカを充分の数を捕獲してくれていた。曇り空だったが、風もなく海は穏やかだったので、カムヤイ島の東側まで一気に走った。ポイントに着き第一投目、底に着くか着かないかの瞬間に私のドラグが鳴り、大きく竿がしなる。早速一つ目のイトヒキアジ65センチが食った。 阪本.jpg その後も私の竿に2匹目が来た。大きさは皆ほぼ同じ60センチ超。次は前で竿を構えていたコサブさんにひとつ目。 小林2.jpg 左舷の長谷川さんに、スジハタ 長谷川.jpg 昼前になり潮が止まると一気に食いが落ち、私は午前中にイトヒキ3枚、コサブさんが2枚、カムヤイ島を南下し、西側まで回った。午後潮が動き始めたら、一気に入れ食い状態が始まった。 午前中、釣果のなかった岩崎さんに巨大スジハタが、続けてコサブさんにも 岩崎.jpg スジハタ.jpg 小林.jpg 長谷川さん、安藤さんに良型のコロダイが来た。 長谷川2.jpg安藤.jpg 続いて岩崎さんの竿に大物が・・・・この日の最大サイズ70センチ・・・この写真の後、彼の竿が折れた! 岩崎格闘.jpgイトヒキ.jpg 午前中からおそらくイトヒキアジを2回ばらしていた松田さんも最後に一つ 松田.jpg 結局私は午後にもイトヒキアジ3枚を上げ、全体釣果としては久しぶりの大漁となった。 釣果.jpg クーラーボックスにも入りきらず、一部は黒いごみ袋に入れて持ち帰った。夜はあさみで宴会。 thumbnail_IMG_2398.jpg料理.jpg 残ったイトヒキアジは、今日からシメアジで出せるかな??
posted by 屋台の親父 at 14:07Comment(0)

久しぶりに大物の釣行7月28日

ここ2か月、シーチャン島周りも良くないのだが、我々の行くバーンサレーも釣果は良くなかった。1か月空けて、28日にバーンサレーから出た。 参加者は、いつもの小三郎さんと、お兄さんの大二郎さん、アパートの安藤さんと新任社長の松田さん、の5人。安藤さん、松田さんは初参加で私のよく釣れる道具をお貸しした。 thumbnail_IMG_2082.jpg 船頭の話では、27日土曜日にイトヒキアジが30匹釣ったグループがいたようで、今日もと言うことでそのポイントへ向かった。今では情報ネットワークが発達しているのでそのポイントに釣り船が10隻近く集まっていた。 まず初参加松田さんにいい型のコロダイが来た。 thumbnail_IMG_2086.jpg 続けて2匹目もコロダイも上げた。トモではコサブさんがコロダイ。ところが、前日にイトヒキアジが爆釣だったと言うのにイトヒキアジは全く来ずに移動することに。移動後に、私にも久しぶりの釣果。 thumbnail_IMG_2088.jpgthumbnail_IMG_2089.jpg その後も、続けてくることはなく、かなり間が空いてからコサブさんにもイトヒキアジ。 thumbnail_IMG_2091.jpg 最初にコロダイを上げた松田さん、しばらくしていい型のクィーンフィッシュが・・・・このどや顔!! thumbnail_IMG_2092.jpg 一日、当たりも少なかったが、大物は宴会できるだけは釣ることができた。もう一人の初参加安藤さんは残念ながら大物にありつけなかった。 thumbnail_IMG_2093.jpg 大二郎さんは、もっと残念ながら船酔いで寝たきりになり、登場することはなかった。 thumbnail_IMG_2096.jpg あさみで美味しくいただいた。 thumbnail_IMG_2105.jpgthumbnail_IMG_2102.jpg料理.jpg 閉めは寿司!コサブさんが先週釣ってきたコウイカも持参し、寿司に追加! thumbnail_IMG_2107.jpg 安藤さん、2回目はリベンジ参加しましょうね!

6月2日の釣行

4月、5月が暑かったので、1か月半ぶりくらいの釣行となった。 この日は、初参加山本さん、佐藤さん
画像
日本から出張の新木さん
画像
岩崎さんといつものコサブさん、の6人で出航
画像
沖合には黒い雲が・・・・雨の中に突っ込む羽目に・・・・
画像
ポイント到着時には晴れていた、大潮で潮流が以上に早く、9時までは釣りにならず500gの錘でも底が取りにくい状態だった。9時を回り、少し緩んだところにまず私の竿に!!
画像
そのすぐあと初参加山本さんの竿に大きな当たりがあり、慣れない手つきでゆっくり上げていくと驚く魚が上がってきた。
画像
   
画像
重さをはかり忘れたが、67センチのスジハタだ。 続いて続々、イトヒキアジ、ヨロイアジ、ヨコスジフエダイ、と上がり始めた。
画像
画像
画像
画像
結局、誰も大物坊主の人はなく、全員に釣果があった一日となった。
画像
夜はあさみで、宴会。スジハタは、しゃぶしゃぶに
画像
刺身に寿司に・・・・
画像
画像
画像
美味しく15人で完食しました。スジハタのおかげで豪華な酒宴となりました。
画像

「令和」の初釣果

昨日、誘われてシーチャン島の船釣りに参加した。正直、以前はシーチャン等のアジ釣りは面倒くさいので避けていたのだが、同年代のお友達に参加させてもらった。
画像
メンバーは、シーチャン島釣りにはまっているリーダー北原さん、数年ぶりの船釣りの筒井さん、パタヤからコサブさん、と私。 北原さんが、この辺では有名な船頭・ワンチャイを予約してくれた。最初のポイントでは、入れ食いだが10センチくらいのカンルアンばかり、すぐ飽きて、遊び半分でもう一本の竿をカンルアンの泳がせ釣りで置き竿にした。 シーチャン島で大物は釣れないというイメージだったので、置き竿の横で再び小あじ釣りを始めたら、いきなり置き竿が大きくしなった。慌てて竿を取ると、すごい力で引っ張っていきラインがどんどん出ていく。するとおせっかいな船頭ワンチャイが、こりゃすごいとばかりに私の竿を取り上げて一人で格闘を始めた。コノヤロー! 20分くらいかかっただろうか、やっと敵も弱って見えた。スギだった。なんと針にかかったスギに、助けようともう一匹が寄り添って上がってきた。
画像
画像
画像
久しぶりの筒井さんも、アジばかりでなく、いい型のハタ数匹も
画像
写真は撮ってないが、たくさんのアジが釣れた。一時バラクーダが回ってきたのでワイヤーハリスに変えて、しばらくカマス釣り。このカマスの写真は、干物しかない・・・・
画像
そんなこんなで、シーチャン島の釣りも楽しいものだと気が付いた。また誘ってください、近くていい! 年寄りの皆様、お疲れ様でした!