ローさんのトゥクトゥクを発見した!!

2014年の12月25日に、日本人に人気者のトゥクトゥク運転手ローさんが、糖尿病でなくなった。一日中あさみの横に車を停めて、日本人の送迎をやっていた。トゥクトゥクの屋根を張り替えると言うので、私が払ってやるからステッカーを貼らせてくれとお願いしたのはもう5年以上前だ。 137696564648213209410.jpg 彼が死んでから、彼のトゥクトゥクもどうなったかわからずに5年が過ぎた。今週うちのスタッフが、妹が呼んだトゥクトゥクがローさんのトゥクトゥクだったと驚いて写真を撮って来てくれた。 IMG_2215.JPGIMG_2216.JPGIMG_2217.JPG 驚いたし、メチャクチャ嬉しかった。運転手によると、ローさんとはトゥクトゥク仲間で、死後車を買い取ったのだそうだ。少し色あせてはいるが「おでん屋くんちゃん」のステッカーが付いたままだ。久しぶりにローさんを思い出して、懐かしさに浸った。
posted by 屋台の親父 at 13:07Comment(0)

戦友がだんだん減って行く

在タイ24年のバンコクに住む友人・上林さんがとうとう今月末に帰国してしまうことになった。金曜日の夜、武さんと二人で屋台で飲み、グリーンライフに一泊し、土曜日にクンちゃんも一緒にゴルフした。残念ながらゴルフ場の写真は撮り忘れ、昼食に来た「タップサーイ」で最後の記念写真! foodpic8789054.jpgfoodpic8789053.jpg 私は、1989年に駐在で来タイし、1998年に一旦帰国した。上林さんは確か、震災の年前後に赴任したので24年になる。仕事は、当時の同業者でライバル会社でもあったが、情報交換しながら仲良く談合してた(笑)懐かしい。本当に25年前の戦友たちだ。 25年前に、建築・内装関係の仕事をしていた仲間たちも、今ではほとんどが65歳を超え70歳になる人も、現役を引退し始めた。 日本に何も残してなければこの地に骨を埋めるのだろうが、嫁がいたり、年老いた親がいたり、孫がいたり、で最終的には本拠を日本に移すことになるようだ。彼らが帰国しても再び遊びに来れるように、私がもう少しここで踏ん張らねばと思う。
posted by 屋台の親父 at 12:27Comment(0)