新たなジョギングシューズ

毎日のことなので、ジョギングシューズは、足に合わないと走れない。今まで、アシックス、ナイキ、なども買っては見たが、私の足にはミズノが一番合う。と言うよりミズノしか合わない。 去年まで2年半愛用したミズノが、かなりヘタって来たので、新年に思い切って買い換えた。ミズノはあまり売れないのか、百貨店でも種類が非常に少ない。 そこでバンコクのタニヤのミズノショップまで行ってみた。そこで大阪マラソン2011大会記念シューズがあった。 値段は、日本円の値段とほぼ同じだったが、20%ディスカウントすると言う。少し派手だったが、思い切ってこれにした。                  〈よく働いた古い靴〉
画像
              〈大阪マラソン2011大会記念シューズ〉 画像画像 前の靴も3000キロ以上走ったが、今年からはこれに頑張ってもらうことにした。

第1回ラヨン・マラソン参加

12月4日(日)バーンペーで初めて行われた第1回ラヨン・マラソンを走ってきた。バーンペーにあるラヨーン・アクエリアム(水族館)をスタートし、ほとんどが砂浜沿いの道を走る気持ちいい優雅なコースだった。今回もハーフ21.1キロに参加した。
画像
画像
画像
前日シラチャから1時間半運転し、バンペー近くのバンガローに入った。1泊590バーツ、シャワーのお湯が出るからまあいいかレベルだ。水族館まで2キロだったので便利だと思い予約しておいた。
画像
荷物を置いてから、ゼッケンとTシャツをもらいに会場のアクエリアムへ行ったら、食事のサービスやいつものスポーツグッズの屋台が並び、ステージでは、歌を歌ってる奴もいる。タイではどこでもやる前夜祭だ。
画像
画像
朝、4時半に起きて会場の駐車場に車を停めたら、いきなり「サワディカップ」と声をかけられた。シラチャの早朝ジョギングの皆さんが来てた。 フルマラソンは4時にすでにスタートしていたが、ハーフは5時半にスタートした。今回も何とか完走できた。2時間13分39秒、自分では満足のいくタイムである。シラチャの63歳の仲間も、10キロを走ったらしい。
画像
画像
画像
画像
いつものことであるが、ハーフなら帰りも車の運転ができる。終了後バンガローに戻り、シャワーを浴びて着替えて帰路についた。私にとって、今年最後のマラソンを、無事に終えることができた。

PTT(ぽーとーとー)ラヨーンマラソン・ハーフ完走!

昨日16日、ラヨーンでPTTマラソンが行われ、ハーフに参加した。
画像
ちょうど36号線と3191号線の交差点近くの公園がスタートで、3191号線を北に向かってまっすぐに10キロ走り、折り返してくるコースだ。ラヨーン丘陵地帯を直進するとても走りやすいコースだった。おかげで、8月のアユタヤよりいい2時間11分台で完走することができた。
画像
場所柄、ラヨーンのマプタプットの工業団地で働く人だろうか、外国人も非常に多く参加していた。当然、フルマラソンは、賞金稼ぎのケニヤ勢が、2時間22分で優勝していたが・・・。
画像
ハーフを走った中に、身長2メートル以上あるひときわ目立つアフリカ人がいた。どこから来たのと聞くと、ウガンダからだという。英語は堪能じゃないので、それ以上は聞けなかった(ノω=;)。。。
画像
今回、体重が2キロ増えて心配しながらの参加であったが、現地で、シラチャの健康公園の朝のジョギング仲間ともたくさん会えて楽しい一日であった。

第1回アオウドム・レムチャバン・ミニマラソンに参加

最近シラチャ近郊でもマラソンがある。昨日は、アオウドムのカセサート大学スタートで、ミニマラソン10.5キロが行われたので、5時にバイクで出発した。今回が第1回ということだったが到着すると結構な人が集まっていた。
画像
たかだか10.5キロと高をくくっていたら、スタートして4キロがずっと上り坂、それからも快適なダウンヒルもあるものの、すっとアップダウンが続き、かなりばてたが、めでたく1時間9分25秒でゴール。
画像
画像
終わった後、仮装対象を決める審査が行われていた。どこの国でも楽しく参加する人は多いものだ。皆ゴールした後だが、元気だ。国旗を持ってるおじさんは最後までこの国旗を持って走っていた。
画像
7時過ぎには終わったので、バイクでシラチャに戻り、いつものトイの店で、朝ビール。格別の味である。
画像
今回参加料200バーツで、ランニングシャツ1枚と、完走のメダルをもらった。結構美しいラマ5世のメダルで、十分元が取れたと満足の朝であった。
画像

アユタヤ世界遺産ハーフマラソン

21日アユタヤのハーフマラソンを走ってきた。チャオプラヤ川の水位がかなり上がってきていると聞いていたので心配していたが、問題なく大会は行われた。 アユタヤで勤める20年来の友人のY氏も参加するというので、夕食をともにするため、前日夜アユタヤに入った。シラチャからアユタヤまで距離にして170キロ、2時間とちょっとでホテルに着いた。事前に、道をY氏に聞いていたのだが、彼の文章での案内が的確で一度も迷わず、ホテルに入れた。 アユタヤは、大手長えびが有名だということで、川沿いのレストランに案内してもらい夕食をとった。
画像
川の水位はやはり高くなっていて、川沿いの席は、水に浸かっていた。
画像
翌朝スタート前にY氏と合流した。
画像
先月のパタヤより少しだけ早く、2時間19分7秒で完走できた。少し遅れてY氏もゴール。
画像
アユタヤは「ローティ」という綿菓子が有名なのだが、中にはレース途中で「ローティ」を買い込んでゴールするおじさんや、アユタヤ時代の衣装に身を包んでゴールする夫婦など、さまざまな楽しい光景が今回も見られた。
画像
画像
今日は一息ついて、次の9月11日のカンチャナブリのハーフに参加するかどうかゆっくり考えようと思う。

ジョギングの距離

4月に帰国したときに、SOMAのランニングウォッチを買ってきた。300ラップを記憶する優れもの。これを機に、毎日のジョギングの距離とタイムの記録を始めた。昨日、集計してみて驚いた。4月16日以降、4月55キロ、5月121キロ、6月130キロ、7月145キロ、と1ヶ月100キロ以上を達成。不思議なもので、記録を始めると休めなくなる。昨日、一昨日と時間があったので朝5キロ、夕方5キロと1日10キロ走ってみたら、疲れが取れず今朝は休んだ。歳なのだから無理したらアカンと自分に言い聞かせた。 なかなか、今の時代、達成感というものを味わう機会が少ない。しかし、マラソンのレース、フルでなくてもハーフでもクオーターでも、自分の力にあったものを選び、タイムに関係なく完走できるかという挑戦をする。これを完走できたときの大きな達成感、走り終えた人々が全員友達になれるような気がする。この爽やかな達成感が病みつきになる。 ひとつレースを終えると、次の目標を決める。今月はアユタヤハーフだ。世界遺産の中を走るコースで楽しみでもある。私の老いへの抵抗の確認作業でもある。 6月に、次男の健介が、父の日のプレゼントということでアディダスのランニングウォッチを家内に預けて届けてくれた。今は2台のランニングウォッチを併用しながら、この楽しみを続けている。

完走できましたε-(´。`*)ホッ

昨日17日は、パタヤインターナショナルマラソンだった。フルはきついので、ハーフにエントリーした。 前日に、レジスターだったので、土曜の夕方にパタヤ入り、会場近くの安ホテルを取った。 フルマラソン4時半スタート、ハーフは5時スタートだ。
画像
スタート前、アパートのお客さんとばったり出会った。
画像
コースは、アップダウンが多く、とても苦しいコースだった、最後5キロのジョムティエンからの山越えはかなりこたえた。2時間21分でゴール。完走したことで満足である。アパートのSさんも私の前でゴール。
画像
画像
毎朝、シラチャの公園で会うメンバーにも出会った。
画像
この子は、クオーター10.5キロを、完走しゴール。笑顔がなんともかわいい。親はどこへ行ったのか???
画像
ロジャーラビットのぬいぐるみを着た白人のおじさん、疲れ果てて歩いてゴール。
画像
応援の賑やかなタイのバンドに合わせて、アフリカ人も踊りだす。
画像
完走のメダルをゲット。これが唯一の走った証拠となりました。
画像

ハーフマラソン完走!!

5月8日 スコータイで「Sukhothai World Heritage Run」 と銘打って、世界遺産のスコータイ遺跡の周りを走るハーフマラソンが開催された。 ちょうどスコータイには行ったことがなかったので、7日の夕方の便でピサヌロークまで飛び、バスでスコータイに入り1泊。8日早朝5時半スタートのハーフマラソンを走って来た。 夜明け前、遺跡はライトアップされ美しい景色の中、スタートした。
画像
画像
画像
広く点在する遺跡をめぐるコースで、中心部を少し外れると牛の糞とよけながら、野犬に吼えられながらのランになった。夜が明けるとこんな景色だ。
画像
今回の目標は、「2時間半で完走する」だったのだが、おかげさまで2時間14分で21キロを走りきることができたε-(´。`*)ホッ
画像
この大会は、21キロと10キロと3,5キロという3種類があり、3,5キロには4歳の子供も走ってたり、家族みんなで参加している人も多かった。走り終わって皆さん一息ε-(´。`*)ホッ
画像
今回、スコータイ出身の奥さんと結婚している友人の田中さんが、たまたま6日からスコータイに帰っていたので、昼ごはんを実家でご馳走になり、帰りはピサヌロークの空港まで車で送ってもらった。田中さん、奥様、お世話になりました。
画像
2006年のバンコクマラソンを走って以来の参加だったが、今朝は足の痛みもあまりなく、すがすがしい朝を迎えられたが、今朝のジョギングは1日お休みした。