祭りがなかった今年の「ロイカトーン」

昨日14日は、ロイカトーンだった。ニュースで見たがチェンマイのコムローイは、実施されたようだが、毎年行われるシラチャのコローイの祭りはすべて中止された。 例年であれば、健康公園に夜店が並び、海岸通りにはクラトーンを売る屋台が並ぶ。ステージでは遅くまでうるさいバンド演奏がある。ところが、今年は、何もなかった。驚くほど何もなかった。 ちょうどスーパームーンの満月ということもあり、何かやってるだろうと、多くの人が海岸通りにやってきた。来たはいいが何もないので行くところがない。多くの人がおでん屋クンちゃんにやってきた! 月曜日は普通暇なのだが、昨日はオープンと同時にゾロゾロとタイ人のお客さん、日本人のお客さんがやって来て、すぐに満席になった。なんと9時には、おでんが空っぽになった。残念ながら忙しすぎて写真を撮る余裕すらなく、記録はない。アパートの常連さんも、席がなく早々と引き上げた。最後のお客さんが帰ったのは12時10分前だった。 何もなかったロイカトーン、おでん屋クンちゃんは祭りになった。

雨期明け!

画像
一昨日まで雨が降っていた、しかも1日3回も。ところがどうだろう、昨日の朝、やっと郵便局側から乾いた北風が吹いたのだ。乾季到来の知らせだ。写真は今朝のものだが、抜けるような青い空だ。 これからいい季節になる。屋台シーズンの到来だ!

スーパー翁 朝子さんがバンコク週報に載った!!

10月22日発行のバンコク週報の「私流・ゴルフとビジネス」に、スーパー翁・朝子さんが載った!
画像
9月に遊びに来られた時に、筆者の島村一郎さんの取材を受けた。タイを愛し、タイ人を愛し、タイ料理を愛し、ゴルフを愛する朝子さんの人柄がよく表現されている。お近くにあれば是非ご一読を!!

フジテレビの電話に森田容疑者が出た??

昨日の「日本人散弾銃でタイ人女性殺人未遂」の続編
画像
今朝のフジテレビ「とくダネ」で面白いニュース! フジテレビが、森田容疑者の拘留されている警察署に、事情を聴くために電話を入れた。すると、警察は「近くにいるから変わります」と答え、電話口に森田被告がでて、インタビューをした。信じられない対応である。さすがタイ警察!! その中で、少しわかってきた。森田被告は、1991年ごろに、日本のタイ人クラブで知り合いその後入籍してタイに移り住んだようだ。何の仕事をしていたかは定かではないが、住宅と機械類を妻名義で購入したが、それを返さないので切れたようだ。 昨日私が想像したほぼその通りの話のようだ。あげたものは戻ってきません!ご注意を!!

日本人の老人が、タイ人の奥さんを散弾銃で

国王崩御から10日も経たないうちに、日本人の恥ずかしい事件が起きた。 https://www.youtube.com/watch?v=P9VfZLGxrZM タイ在住無職の森田茂69歳が、別居中のタイ人の妻を散弾銃で殺そうとした。財産の分配でもめていたというが・・・・ 記事だけでははっきりわからないが、色々想像してしまう。関係のいい時に、二人の住む一軒家を買ったのだろう。 しかしタイ人名義でしか買えないため彼女の名前で買ったのだろう。その頃は、家は彼女にやるつもりでいたが、歳をとり将来が不安になり、家を売って半分よこせ!みたいなことを想像する。 その時には時すでに遅し、彼女には以前からタイ人の男がいて、「私がもらったものよ!!」なんてことじゃないのか???? あげたものは戻ってきません。皆さん気をつけてくださいね。

枢密院議長プレム氏が「摂政」に!

国王崩御から二日過ぎた。シラチャの町は、黒服を着ていない人も多く目立つ。 王位を継承するワチラロンコン皇太子は、「国民と悲しみをともにしたい」と即位の時期を遅らせるよう申し出た。期間は明記されていないのではっきりしないが、服喪期間の1年間だろうか? その間、枢密院議長のプレム氏が「摂政」につき、国王の代行を行うことと決まった。枢密院議長と兼任はできないため議長を辞職し、摂政につく。 プレム氏と言えば、昔からプミポン国王の信頼も厚く、1980年から8年間首相を務めた人物ですでに96歳になっている。今後、どうなっていくのか見守りたい。

国王崩御の夜

13日国王崩御、19時に首相がテレビで発表。 その夜は、シラチャの日本人の皆さんも、どういう通達が出たのか理解できずだった。おそらくその時点ではタイ人もはっきりとは理解できず、おでん屋台も通常通り営業した。 国王をしのびながらお通夜さながらの屋台となった。状況を私に確認しようと思い、足を運んでくれたお客さんもいたりして、一時は満席となった。
画像
画像
画像
深夜便で帰国するSさんはじめ3人も、ぎりぎりまで屋台で飲んで空港に向かわれた。 一夜明け、朝からロビーの飾りつけ。黒い布と白い布を買いに走らせたが、生地店はごった替えしていたという。
画像
午後に屋台の装飾のため、水曜マーケット通りに出かけた。まずスーン・ナックリエン(文房具センター)に行ったら、黒い腕章、黒いリボン、などはすでに売り切れていた。その後 生地店に行ったら、黒い生地はほとんど売り切れ、1反だけ高い生地が残っていただけだった。店の前には、売り切れた黒の反物の芯が無造作に捨てられている。
画像
画像

ロビンソン4階の焼肉屋が火事!!

現在14時50分ですが、最新のニュースで、ロビンソンの4階にあるTAMAという焼肉店が火事らしい。 先ほど消防車のサイレンが聞こえていたのだが、そこへ向かったのだろう。 被害の状況等はまだ何もわからない。

キンジェーの話

今年も黄色い旗を立てたキンジェー(菜食週間)が行われている。9日が最終日となるが、昨日の昼飯に行ってきた。 ちょうどパヤタイ病院の向いの店が大きくやっている。並んでいるものはすべて野菜から作られた料理だ。
画像
表で揚げているものも一見さつま揚げ風や空揚げ風だが、豆腐でできていたり、トウモロコシだったりするわけだ。
画像
オーダーしたのは、パッブーンと豆腐の炒めたのと、ガパオクローブというの。これは日本人にとってはオカキを揚げたみたいでご飯のおかずにはならなかった。
画像
追加で、キノコのガパオ炒めも頼んだが、辛すぎて食えなかった。
画像
まあ、やっぱり豚肉、鶏肉が入っているほうが旨いということだ。

「makro」がレムチャバンにオープンした!

肉類や冷凍物、調味料など屋台の仕入れによく「makro」を利用する。今までmakroはバンセーンかパタヤにしかなく結構不便だった。 先月末に、レムチャバンのハーバーモールの隣に新たに「makro food service」がオープンしたので行ってみた。
画像
 
画像
「フードサービス」とついているので、生活雑貨などを扱っていない食料品や厨房まわりに特化した店舗となっている。 まだオープンして間もないため、お客さんも少なく買いやすかった。今後はわざわざ遠出をしなくてもレムチャバンで済みそうだ。

話題のちょっといい話

東南(盗難)アジアのタイに住んでいて、SNSなどで話題になっているいい話がある。 ワラロップさんという44歳のバンコクのホームレスの男性が、エルメスの財布を拾った。落とし主を追いかけたが間に合わなかったので警察に届けた。中には現金20,000Bとクレジットカードなど。 持ち主は、工場経営者だった。
画像
財布が戻ってきたことに驚き、信用できるできる人間だとホームレスのワラロップさんを工場で社員採用し、寮まで用意してあげたという。
画像
ちなみに給料は11,000B。住むところも仕事も手に入れたという。 3か月前に、アパートのお客さんがパタヤのウォーキングストリートで財布をなくし(おそらくすられた?)、翌日、財布を拾ったパタヤの女性からアパートに電話があった(財布の中にアパートの名刺が入っていたため)。数日後、お客さんがその女性に会いに行き、財布を受け取ってお礼を渡したのだが、すでにその財布の現金はすべて失われていた。幸いにもカード類はすべて残っていた。おそらく最初に拾ったか、すった奴が、現金を抜いて財布を捨てたのだろう。普通は、こんなもんだと思っている。 日本では普通の話かもしれないが、この工場経営者が非常に嬉しかったのはよくわかる。 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

タイで最高層ビルがオープンした

画像
この高層ビル、テロで爆破されたわけでも、飛行機が突っ込んだわけでもない。 「マハナコーン」という名のタイで最高層のビルである。29日に開業式典が行われたという。「マハーナコン」は地上77階、高さ314メートルで、高さ304メートルの「バイヨック・タワー2」を抜き、タイで最も高いビルとなった。チョンノンシー駅に直結し、高級マンション「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス・バンコク」(207ユニット)、ホテル「ジ・エディション・ブティック・ホテル」(159室)、小売店などが入居する。最上階は展望台・バー。ホテル、展望台などは来年完成する予定。 首都高速を走っていると見えるので、以前から気になっていた。いつ見ても建築途中みたいに見えたからだ。 展望台がオープンして、しばらくして、安全が確認できたら行ってみたいと思う。 にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

南部で連続爆破事件発生!!

王妃の誕生日12日からタイは3連休に入ったが、前日の11日と12日、南部の都市やリゾート地で、連続爆破テロが起きた。日本大使館の情報では。下記の7か所で起こっている。 ・11日午後,南部トラン県の市場で爆弾が爆発し,複数の死傷者が発生。 ・11日,南部プーケット島で爆弾とみられる不審物を発見。 ・11日深夜,中部フアヒンの繁華街で爆弾が爆発し,複数の死傷者が発生。 ・12日朝,南部スラタニ県の警察署前で爆弾が爆発し,複数の死傷者が発生。 ・12日朝,南部プーケット島のパトンビーチ付近にて爆弾が爆発,複数の負傷者が発生。 ・12日朝,南部ナコンシータマラート県で爆弾が爆発。 ・12日朝,中部フアヒンの時計塔近くにて爆弾が爆発。 日本人駐在員も、夏休みで家族が遊びに来たりで、プーケットやホアヒンに旅行に行かれる人も多いと思うが、十分ご注意いただきたい。 なぜ今なのか?憶測を呼ぶが、なにかまだ起こりそうな予感がする。南部だけならいいが、プーケット、ホアヒンと来ると次はパタヤか?と・・・・しばらくは油断せずに暮らそう。

土日は禁酒日!!土曜日は屋台も休みます。

8月7日(日曜日)、軍政による憲法草案の是非を問う国民投票が行われる。タイの法律では、選挙(ルアック・タン)の前日と当日が、酒類販売禁止となる。今回は、選挙(ルアック・タン)ではなく、賛否を問う国民投票(ロン・プラチャー・マティ)であるが、同様に、6日の午後6時から、7日の終日が酒類販売禁止となる。部屋の冷蔵庫にビールが切れている人は、金曜日中に買っておいたほうが良い。 と言うことで、残念ながら6日土曜日は、おでん屋クンちゃんも休みです。

ムアイちゃんの結婚パーティ

おでん屋の客で唯一のタイ人VIPであるムアイちゃんが結婚した。しかも相手は日本人。 31日にパタヤの「THE SKY GALLARY」という海辺のレストランで披露パーティがあり招待されたので、参加した。 仕事がグラフィックデザインという彼女らしく、ドレスコードは紺色を身に着けてと言うことであったので、私も紺色のシャツを着て参加。
画像
画像
5時半からと言うことだったが、場所が見つからず行ったり来たりで結局会場に着いたのは6時になってしまった。 新郎が前夜に日本から来てバンコクに泊まったらしいが、会場に到着したのは6時半過ぎだった。 まあ、タイの結婚式は、時間通りに始まらないのは慣れているし、特に式次第もないままだらだらと写真を取りながら進んでいく。
画像
画像
ムアイのご両親は、なかなか立派な方たちだ。
画像
女性も皆、紺色でおめかし!
画像
新郎側は、誰も来ていなかったので、日本人は私と二人だけ。お見合いサイトで知り合ったようだ。 手続きが終わると、ムアイは東京に行き新生活を始めるという。うまくいくといいなあと心から祈るばかりだ。

19日、20日は禁酒日

明日と明後日は、禁酒日のため、おでん屋クンちゃんは休みです。今日はやってます。 タイ初心者の皆様のために、タイの禁酒日(酒類販売禁止日)について詳しく説明しておこう。 タイでは仏教祭日5日間は禁酒日として法律で酒類の販売が禁止されている。今年2016年の禁酒日は下記の5日である。 2月22日(マカ・ブーチャー(万仏祭)) 5月20日(ヴィサカブーチャ(仏誕節)) 7月19日(アサラハブーチャ(三宝節)) 7月20日(カオパンサー(入安居)) 10月16日(オーク・パンサー(出安居)) 2015年10月27日タイ首相府は、この5日間について今後アルコール飲料の販売禁止を厳格化すると発表した。禁酒日に酒類の販売をすると「罰金1万バーツまたは禁固6ヶ月」が店舗運営者に適用される。 基本的にはこの5日間だが、他に禁酒日とされるのは、選挙の前日と当日も含まれる。 タイでは王族や高僧と呼ばれる位の高い僧の誕生日や亡くなった日には禁酒日にする事もある。 ただ、8月12日シリキット王妃誕生日と12月5日国王誕生日は、国王が自ら「お酒を飲んで祝って欲しい」と仰られた事もあり、法的には禁酒日ではないが、自粛する店もある。まあ、道徳的に王妃の誕生日にカラオケのお姉ちゃんも仕事はしにくいだろう。レストランは普通に出している店も多い。 また日常で酒の販売時間も規制されているので、併記しておこう。スーパーやコンビニでは、昼の2時から夕方5時までと、深夜12時から午前11時までが、販売禁止時間帯である。アル中の人間が酒を買うような時間帯だが、休日の昼過ぎにビールを飲みたくなってもコンビニでは買えない。そのためにグリーンライフでは事務所で扱っている。 禁酒日でも、家やアパートで飲んでる分には規制はないので、今日のうちにビールは冷蔵庫に入れておくほうが良い。日本食レストランやゴルフ場等は、店内で普通に出しているところも多い。おでん屋クンちゃんも日本食だが、外から見えすぎるので、法に従っているヾ(@°▽°@)ノあはは

タイは今日から連休

来週火曜日19日(満月)は、三宝節(アサーラハーブシャー)で翌日20日は、カオパンサー(入安居)と仏教祭日が続く。 復習になるが、三宝節はお釈迦様が5人の弟子に説法を説き、仏、法、僧の3宝が成立したとされ日を祝う祝日という、いわば「仏教の布教が始まった日」とでもいうべき日だ。また、カオパンサーは、「仏教徒の雨季の安居の入りを祝う日」、すなわち「僧侶が修行期間に入る日」だ。3か月後の、10月の満月の日、今年は10月16日がオークパンサー(出安居)となっている。要は、仏教上の雨期入り、雨期明けを意味している。天気が悪い時期だから、お坊さんは寺にこもって修行しなさいという意味だ。 月曜日を挟んで、祝日が重なるので、3連休、4連休になっている会社が多い。昨夜の金曜日は、連休前とあって屋台も久しぶりに賑わった。今週は、雨が多く、お客さんも毎日10人ちょっとの日が続いたのだが、いきなり金曜日はどっと来た。嬉しい悲鳴を上げていた。
画像
画像
満席で座れず帰られたお客さんもいた。大越さんごめんなさい!!

コローイの閉鎖、橋工事

確か5月初めからだっただろうか、コローイが橋の修復工事のため、2年間閉鎖になった。おそらく、今の橋を作った頃は、こんなにたくさんの車が往来するとは考えてなかったのかもしれない。 正直、シラチャの数少ない名所、観光地の一つなので、2年間閉鎖と言うの非常に寂しい。 今週、ある高層ビルに登る機会があったので、そこから橋の現在を撮影してみた。
画像
まだ、工事車両が入っている様子でもないが、ちょうど干潮時間でもあり、埋め立てしているようにも見える。 現在、シーチャン島の連絡船も、漁港桟橋から出ている。早く復旧してほしいものだ。 ついでに、コローイに橋がなかった時代の写真、木の橋があった時代の写真も掲載しておきます。
画像
画像

自動車不況とシラチャの状況

【タイ】タイ労働省は5日、トヨタ自動車のタイ子会社、タイ国トヨタ自動車が4日から、派遣労働者800―1000人の削減を目標に希望退職を募り、5日時点で約800人が応募したと明らかにした。  トヨタは法令に従い退職金などを支給するほか、一時金を支払う。また、1年以内に業績が好転した場合の再雇用を約束した。  タイの新車販売台数は自家用車を初めて購入する際の優遇税制措置が導入された2012年に過去最高の143万6335台を記録した。その後は需要の先食いで販売が落ち込み、2013年133万668台、2014年88万1832台、2015年79万9594台と減少が続いている。今年1―5月は前年同期比2%減の30万2581台だった。  トヨタのタイでの販売台数は2012年51万6086台、2013年44万5464台、2014年32万7027台、2015年26万6005台。 こんなニュースが流れた。その影響で、シラチャの町は静かだ。歓楽街も人が歩いていないという。2年前と大きな違いだ。数えたわけではないが、3,4割日本人が減った気がする。アパートの稼働率も、この1年で99%から60%まで落ちている。業界の人に聞いたら、2017年もダメ、2018年になったらよくなるかも知れないというレベルだ。 一方で、シラチャで部屋不足がピークになった2013年頃から計画されたコンドーミニアムやアパートが、全部完成すると7,000室以上ある。数年先には供給過剰になることが見えている。我々のようなシラチャでは老舗となったアパートは、生き残るための策を考えなければならないだろう。どちらにせよ、一日も早く景気が良くなることを祈るばかりだ。

≪お風呂≫に警察の手入れ!

画像
【タイ】バンコク都内ラチャダピセーク通りの大規模売春施設「ナタリー・エンターテインメント」の店主プラスート容疑者(58)と店長のソムマーイ容疑者(45)に対し、14日、未成年者や不法就労者に売春させるなど14の容疑で逮捕状が出た。警察が2人の行方を追っている。  タイ当局は7日、内務省地方行政局の職員、兵士ら100人以上を動員し、「ナタリー」の手入れを行い、店内にいた女性121人を売春容疑で検挙した。このうち77人はミャンマーのタイ族系少数民族を中心とする外国人だった。  手入れでは、警察の部署や警官の名前、金額などを記した帳簿もみつかり、店が違法行為の摘発を逃れるため、警察などに贈賄していた疑いが強まっている。この手入れは所轄の警察署を外した形で行われた。  ラチャダピセーク通り一帯には「ナタリー」以外にも、ビル1軒が丸ごと売春施設という店が数多くある。こうした大規模な売春産業は様々な利権が絡んでいるとされ、当局の手入れが他の店にも波及するかどうか注目を集めている。 こんなニュースが流れてきた。ラチャダーピーセックと言うと、たくさんの風呂屋が並んでいる通りだ。その中で、なぜ「ナタリー」だけが摘発されたのか?謎が多い。所轄を外して手入れをしたというから、おそらくオーナーや店長には情報が流れていたのだろう。記事にもあるように様々な利権が絡んでいるのは当たり前だが、それを黙認してきたタイの懐の深さ?が結構好きだったのだが・・・・。 隣の建築工事も、大きな利権が絡んでいるのだろう。郡役所の査察・指導から2週間以上経ったが、市役所は動かず、物はいまだに落ちてくる。27日の査察で、周辺の住民とも広く親密になり、連絡を取り合いながら、近隣の総意として昨日もう一度、市役所、郡役所に苦情申請を提出した。裏に大きな贈賄が感じられる。風呂屋は許せるが、この工事は許せない。

プミポン国王在位70年の式典

【タイ】9日、タイのプミポン国王が在位70年を迎え、タイ各地で記念式典が行われた。  バンコクの王宮ではプラユット首相夫妻と閣僚、軍幹部、スクムパン・バンコク都知事らが出席して、大規模な托鉢式が行われ、国王の誕生日の色である黄色の服を着た首相夫妻らが、托鉢の僧侶に食品などを喜捨した。
画像
画像
私は、在位60年の年も、在位50年の年も、タイにいた。今回は国王は入院中のため出てこられなかった。 プミポン国王の経歴も記事になっていたので、復習の意味で、お読みください。 〈プミポン・アドゥンヤデート国王〉  1927年、米国マサチューセッツ州ケンブリッジ生まれ。祖父はタイの現王朝の中興の祖である5代目チュラロンコン大王、父はチュラロンコン大王の数多い息子の1人だったマヒドン皇太子、母は中国系の一般女性。  タイの絶対王政を廃した1932年の立憲革命とその後の第2次世界大戦の影響で、1934年から1952年まで主にスイスに滞在し、同国のローザンヌ大学で政治学、法学などを学んだ。スイスで共に暮らした兄が8代目の王に即位した直後に変死したため、1946年に9代目の王に即位。1950年にタイで戴冠式を行った。  タイへの本帰国後、全国で多数の農業プロジェクトを手がけ、遠隔地の視察、低農薬農業や代替燃料の開発などに取り組んだ。「微笑みの国」と呼ばれるタイの国王でありながら、公の場ではほとんど笑顔を見せず、峻厳なイメージがある。一方、社会的弱者の救済に熱心とされ、国民からは「ポー(お父さん)」と呼ばれ、国父として深く敬愛されている。  2009年からはバンコクのタイ国立シリラート病院に入院していることが多い。昨年12月以降、関節炎、肺炎、水頭症、動脈硬化などで治療を受けた。  1950年に結婚した王族のシリキット王妃との間に、ワチラロンコン皇太子、ウボンラット王女、シリントン王女、ジュラポン王女の1男3女。 《newsclip》

太陽に虹の輪

6日の正午、太陽に虹の輪がかかった。日暈(ヒガサ)というらしい。
画像
アイフォンで撮れたのはこの程度。実際はもっと虹なんだけど。日本では見たことがない。

チェンマイで変態親父が逮捕された

日本人の恥ずかしいニュースが飛び込んできた。
画像
画像
「タイで複数の少年にわいせつ行為などをした疑いで、日本人の49歳男が逮捕された。バンコク・ポストなど地元紙電子版の報道によると、タイの捜査当局は25日朝、北部チェンマイで松原輝明容疑者(49)を逮捕した。同容疑者が借りていたアパートに踏み込んだ際、全裸の12歳と14歳の少年2人と一緒に寝ていたという。  同容疑者は取り調べに黙秘を続けている。警察が公表したパスポートによると、本籍は北海道。  警察によると、同容疑者は最近、旅行者として頻繁にタイに入国。9~16歳の少なくとも10人に声をかけ、わいせつ行為などをした疑いがある。アパートの住民に、少年を連れて歩いている様子を目撃されていた。現地報道などによると、わいせつ行為をされた少年たちの多くが貧困状態にあり、同容疑者が1人1回の行為につき、150~200バーツ(約460~620円)を支払っていたという情報もある。  警察は同容疑者のアパートで、少年らを撮影した写真を保存したパソコンを押収。同容疑者は少年らの写真や動画をインターネット上に掲載し、サイバー犯罪を担当する日本の警察からタイ警察に掲載内容が報告されていた。同容疑者のものとみられるフェイスブックの友人欄には、タイ人の名前が並んでいる。」 以前、フィリピンで悪いことしてた変態校長が逮捕された。今度は私たちの地元タイでの話である。とても恥ずかしい話だ。タイでの児童への性的虐待の罪は最高懲役20年だという。外国だから、顔も隠さず堂々とニュースに映ってしまったが、そんな重い罪になるとはまだ知らないのだろう。 我々、タイで暮らす人間は、常にタイ人に感謝しながら暮らしたいものだ。なめたらあかんぜよ!!  

雨期に入りました

タイでは、日本のように「6月○日梅雨入り宣言」みたいなものはない。でもこのシーズン5月10日前後になると、雨期に入ったなと自然に感じる。 今朝も5時頃すごい雨音で目が覚めた。ここ数日明け方に雷の轟音とともにスコールが降る。ずっと暑い日が続いていたので、これで少し涼しくなるねなんて話していたのだが、日中日が出るとまた非常に暑い。困ったものだ。 おまけにタイ語のお勉強。「天気が良い」タイ語では「アカーディー」。日本では雲一つない晴れた日を「天気が良い」と言うが、タイでは、少し曇って風があり、涼しい日を「アカーディー」という。晴れて日中40度になるような日は、「天気が悪い」のだ。

やっと雨が!!

暑い日が続くが、今日16時45分、やっと雨らしい雨が降った。これで今夜は少し涼しくなる!
画像
あっ、だいぶ明るくなってきた。もうすぐやみそうだが、約30分の幸せ!かな?

遊湯ランドで事故??

【タイ】6日午後7時ごろ、タイ東部チョンブリ県シラチャーの日本人向けマッサージ兼入浴施設で、シャワーを使用中の日本人女性が感電する事故があった。  女性は施設向かいの私立病院の集中治療室に運ばれて2日間入院。命に別状はなかったが、シャワーホースが絡んだ右脚にやけどを負った。 私立病院の向いと言えば、遊湯ランド??かな。シャワーを握ったまま気を失っていたらしい。もし左手でシャワーを握っていたら命にかかわったかも知れないと病院は話しているという。 怖い話だ。皆さん気をつけましょう!!

タイの「酷暑」

日本大使館から、「酷暑に関する注意喚起」なるメールが来た。初めてのことである。大使館のメールによると、3月以降暑さによる死者は20人を超えたらしい。これからもしばらく続くという。 先月後半からめちゃくちゃ暑い日が続いている。日中外に立っていられないくらいの猛暑である。今週に入り、日が暮れてからは少しだけ浜風がふき、若干和らいだ感じがする。 雨も降らない、先週土曜日午後に少し降ったが、それっきりだ。実際、雨期の毎日の雨には悩まされるが、これだけ降らないと、「少し雨が降ってほしいなあ」とも思う。 週末ゴルフに行く人は、水分補給を忘れずにとってほしい。十分気をつけて、この暑さをなめないように行動していただきたい。

シラチャのソンクラーンも終わった

今年のソンクラーンは、日本ではずっと熊本地震の悲惨なニュースが続いた。シラチャでも、政府の水制限の指導が効果があったのか、17日までは、ほとんど水かけを見ることもなかったが、17日の午後からは堰を切ったように、海岸通りには水を積んだピックアップが列をなし、沿道にもそれを待ち受けるいつもの祭りがおこなわれた。
画像
画像
画像
日曜日で、おでん屋も休みなので、テーブルを出し、おでんを無料でふるまい、常連さんが数人集まり飲みながら祭りに参加したヾ(@°▽°@)ノあはは
画像
画像
「あさみ」の水も滴るいい女たち???
画像
今年は例年より暑く、水かけも結局派手に終わった。規制もあるのだろうか、8時半には、完全に終了してしまった。お疲れさまでした。

明日からソンクラーン5連休

めちゃくちゃ暑くなってきて、いよいよ明日から「ソンクラーン」に突入する。今年は、土日にくっついたので会社はどこも5連休となっている。シラチャの水かけ祭りのメインは17日の日曜日になっている。また海岸通りがくちゃくちゃになる日である。ちょうど日曜日と重なったので、おそらく昼間からすごいことが予想される。 一方で、タイの水不足が続いている。 北部ウタラディット県に位置する主要ダムのひとつであるシリキットダムの管理責任者によれば、同ダムの貯水量は現在、過去最低レベルであり水かけ祭とも呼ばれるソンクラン祭期間中の水道水使用量増加に対応するためダム放流量を引き上げることは不可能という。 シリキットダムの現在の貯水量は、前年同期の50億立方メートルに対し、貯水最大容量のわずか16%に当たる11億立方メートルにすぎないとのことだ。 現在、政府はTV広報などで水鉄砲やバケツなどによる水掛けを控え、わずかな水を手にかけるという本来の儀式に戻るよう呼びかけている。 バンプラ貯水池の水位もかなり下がっている。しかし、政府がこんな指導をしても、17日は派手な水かけが行われることだろう。 屋台もちょうどお休みのため、アパートの皆さん、あさみの路地に陣取って、思いっきり水かけしませんか?適当な時間にお集まりください!!

「幸楽苑」の中華そばが食べられなくなる????

どえらいニュースが飛び込んできた。 【タイ】ラーメン店チェーン「幸楽苑」を展開する幸楽苑ホールディングス(福島県郡山市)は31日、タイ子会社のコウラクエン(タイランド)を解散すると発表した。売り上げが想定を下回り、店舗運営の継続が困難になった。  コウラクエン(タイランド)はタイでの直営店展開のため2011年に設立された。2012年にタイ1号店をバンコク都内の高架電車BTSエカマイ駅前のショッピングセンター(SC)「ゲートウェイ・エカマイ」に出店。現在4店を運営している。  売り上げが当初の想定を下回り、2014年12月期は売上高5900万バーツ、当期赤字2600万バーツ、2015年12月期(見込み)は売上高6800万バーツ、当期赤字6700万バーツと苦しい経営が続いていた。  幸楽苑ホールディングスはコウラクエン(タイランド)の解散にともない、固定資産の減損損失5300万バーツ(約1億8900万円)、その他解散にともなう損失1800万バーツを2016年3月期の連結財務諸表に特別損失として計上する見込み。また、同社への貸付金2億3500万バーツ(約7億5200万円)とその他の損失額600万バーツを2016年3月期の個別財務諸表で全額引当し、特別損失として計上する見込み。
画像
Jパークの「幸楽苑」は、お客さんも多かったのに・・・・・とても残念だ。 店舗はどうなるのだろう? イオンの「ネオコウラクエン」は、まだオープンして半年にならないのに・・・・・ 幸楽苑の「中華そば」の熱烈ファンとしては、寂しい限りである。来週にでも行ってみよう!!