イトヒキアジ爆釣・19日の釣行

日本から毎年1月に釣りに来る私のいとこ・湯浅さん、W社OBの津村さん・榎さん、いつものコサブさんに、プラス屋台のお客さんの久保さん、の6人でバーンサレーから出た。
thumbnail_IMG_3089.jpg
今回、久保さんは初参加だが、何かを持っているのだろう、ポイントに到着し他の誰もがまだ当たりの出ない時合にいきなり75センチのイトヒキアジを上げ、続けて今度は80センチのイトヒキアジを上げた。
thumbnail_IMG_3092.jpgthumbnail_IMG_3090.jpgthumbnail_IMG_3096.jpg
その後、私にも1匹目は小さなイトヒキアジ、続けて70センチ弱が2匹、その間、久保さんは4匹目を釣り上げる。
thumbnail_IMG_3100.jpg
船のトモでは、日本からの3人が陣取り、ほぼ釣り経験のない榎さんはせっせとサビキで小物釣り、湯浅さんは待望のイトヒキアジ2匹を釣り上げる。
thumbnail_IMG_3103.jpgthumbnail_IMG_3099.jpg
トモの津村さん、大きなあたりもなく、あきらめかけた頃に、特大のコロダイが喰った。
thumbnail_IMG_3098.jpg
これで日本から来た皆さん全員に釣果があり、2時で納竿。結局イトヒキアジは、久保さん4枚、私が3枚、湯浅さん2枚の合計9枚上がった。なかなかの釣果だった。
thumbnail_IMG_3101.jpg
夜は、総勢14人であさみで宴会。おなか一杯、美味しくいただいた。
collage_photocat.jpg
イトヒキアジの残り6枚は、今日朝から干し、今夜から「オオアジの塩焼き」で屋台に出ます。乞うご期待!!
thumbnail_IMG_3120.jpg

初めての太刀魚(タチウオ)釣り

シーチャン島で太刀魚が釣れていると噂で聞いていた。いつもの年金釣りサークルのメンバーで14日に行ってみた。
太刀魚のジギングなんてしたことがない私、事前に爆釣屋の野津さんところへ相談に行き、100gと80gのメタルジグを数個と仕掛けの作り方、しゃくり方の指導を仰ぎ、胸をときめかせながら釣行に出た。
灯台の少し沖のポイントに到着、そこだけは50m以上はある深場。釣れるかどうか心配しながらジグを落とししゃくり始めた。しばらくしてガーンと当たりが!!生まれて初めての感触だ。
thumbnail_IMG_3065.jpg
一つ目をゲット。大きなサイズ、いわゆる指4本というやつだった。その後も次々と当たりがある。どうゆうわけか、私の竿だけに当たりが来る。
たまたま、私の竿、リール、しゃくり方が合ったのだろう。2時間弱で全部で12匹上がったのだが、コサブさんが2匹、船頭が2匹、私が8匹という釣果だった。
thumbnail_IMG_3068.jpg
大枚はたいて買ったジグは、二つ切られてなくなってしまった。3つ目は切られまいとハリスをワイヤーに交換したが、それでも釣れた。ジギングは腕が疲れるが、あの食った時の感触は何とも言えない。はまりそうだ。
その後、ピア狙いにポイントを移動したが、低調だった。筒井さんがピアを一つ上げただけで、あとはアイゴの群れに泣かされた。
そんな中、船頭のサビキにクロダイが来た。珍しいことだ。それはいただいて、夜の朝子さん偲ぶ会に刺身でごちそうした。
thumbnail_IMG_3070.jpg
太刀魚はいつまで釣れるか知らないが、久しぶりに面白い釣りができた。また行きたい。

14日、おでん屋で「朝子さんをしのぶ会」

土屋さんから、「朝子さんの魂は、今シラチャに行ってるに違いない。49日まできっとシラチャにいますよ。」とラインをいただき、朝子さんがいかにシラチャが好きだったか、今年も遊びに来たかったか、よくわかる。
昨日、屋台で朝子さんの友人知人に集まってもらい「偲ぶ会」をした。いつも来ると屋台で一緒に飲んでいた人たち、ワコールのOBの皆さん、20人以上が来てくれて、献杯の後、思い出話に花が咲きました。
thumbnail_IMG_3081.jpgthumbnail_IMG_3072.jpgthumbnail_IMG_3073.jpgthumbnail_IMG_3075.jpg
佐藤さんはじめワコールOBと皆さんと、お友達たち
thumbnail_IMG_3078.jpg
旧知の堀越さんご一家勢ぞろい
thumbnail_IMG_3076.jpg
おそらく朝子さんの魂も、この席に来ていたと確信します。

追悼・朝子さん逝く

今日の投稿は少し長くなる。
12月24日、可愛いクリスマスカードが届いた。
thumbnail_IMG_3054.jpg
thumbnail_IMG_3055.jpg
メッセージを見て驚き電話するが出ないので、土屋さんに電話したら入院したという。年が明けて4日に、お見舞いに行っていた土屋さんから電話があり、入院中の朝子さんと話すことができた。癌があちこち転移していて、抗がん剤治療しかできないらしいと、弱った声で話していたのだが、昨日12日に訃報が届いた。あまりにも早い逝き方で驚いた。享年82歳だった。
もともと朝子さんの紹介で私はグリーンライフにやってきた。もし朝子さんがいなければ、今私はここにいない。40年以上前にタイワコールの社長として駐在し、タイを愛し、タイ人を愛し、タイを忘れず、元気に去年まで年に一度シラチャに遊びに来てくれた。80歳を超えても、年間400万歩のウォーキングをし、タイに来てもゴルフと魚釣り三昧をこなすスーパー翁だった。
たくさんの写真を掲載するので、一緒に写っている皆さんも懐かしんでほしい。
2013年店はどこだったか??
2013.jpg
2014年1月
2014JAN.jpg2014JAN (2).jpg2014朝子ゴルフ1.jpg2014JAN (1).jpg
2015年2月
2015(2).jpg2015(3).jpg2014JAN.jpg
2016年は9月に来てくれた。
2016SEP.jpg2016SEP(2).jpg2016SEP(1).jpg2016SEPハマフエフキ.jpg2016SEP釣り.jpg
2016年には、バンコク週報の「私流ゴルフとビジネス」に朝子さんが掲載された。
2016OCTバンコク週報.jpg
2017年1月、グリーンライフカップに参加
2017JANグリーンライフカップ.jpg
その年、ワコールのOBがたまたま、10人が集まったので、ワコールOBのみのコンペも行った。
2017FEBワコールOB.jpg2017FEBワコールOB食事会.jpg2017FEBワコール.jpg
魚釣りも絶好調、格闘の末クィーンフィッシュをゲット。近江牛ですき焼きしたことも・・・・
2017FEBクィーン格闘.jpg2017FEBクィーン.jpg
2017JANすき焼き.jpg
去年の1月は、最大の20日間の滞在でゆっくりとシラチャを満喫、釣りもゴルフも絶好調だった
2019JAN(3).jpg2019JAN.jpg2019JAN(2).jpg2019FEB (3).jpg
あちこちの食事もみんなと楽しく、夜は好きなお酒を「おでん屋クンちゃん」で
2019FEB (2).jpgthumbnail_IMG_5455.jpg2019FEB.jpg
あんなに元気だった朝子さんが、今年はいなくなってしまった。なんか信じられない感じだ。
病院で頻繁にお見舞いに行っていた土屋さんからのアドバイス。
背中の痛み、肩の痛み、腰の痛みが出たら、整骨院通いは最悪で、精密検査、レントゲン、CTは必須だと。痛みが出たら癌かもと疑ってみることが重要だと。朝子さんは、数か月前から背中が痛いと言っていたらしい。その後は腕が痛くなったそうな。
朝子さんのご冥福をお祈りします。合掌。

屋台常連さん、ナベさんご一行が帰国

年末にまた常連のお客さんが帰国し、寂しくなった。
ごみ焼却場のボイラー建設のプロで70歳をすでに過ぎたナベさん、大きなプロジェクトでほぼ2年余りシラチャにいらっしゃっただろうか?その間おでん屋クンちゃんを偉く気に入っていただき、暴飲暴食いただいた。
156299780661732659035.jpg
私なんぞは、いつも年配の先輩が現役で活躍されているのを見ると、まだまだ頑張るぞというファイトが沸いてくる。
いつもは大きなプロジェクトを担う皆さんと一緒に来てくれていた。
156299780641661305720-thumbnail2.jpg
しかし仕方ないことだが、大きなプロジェクトもいつかは完成し終わってしまう。年末クリスマス前に最後のご挨拶に来てくれた。12月26日をもって日本に帰りますと。いつも予約をいただいていた木内さんは28日帰国だと。最後に記念写真を撮った。
渡辺・木内.jpg
ナベさん、木内さん、日本でのご活躍をお祈りしています。ナベさんお元気で現役を続けてください。

2020年初釣り・バーンサレー

年末から遊びに来ていた菅澤さんのたっての希望で4日に船釣りを予定した。そこへ30年来の友人「歌行燈」の加藤さん、内装屋の住友さんがバンコクから参加、そしていつものコサブさんと山田翁を加えて6人の釣行となった。
thumbnail_IMG_2938.jpg
3人は初の参加で、釣り経験も乏しいので、船のトモの一番いい場所に陣取った。私とコサブさんは横、山田翁はいつもの舳先へ陣取る。
山田翁は、いつもの大型サビキで、マメに次々と小物を釣り、50センチのコロダイを一番先に上げる。
午前中は、当たりもなく、初参加の3人も退屈し始めた。場所を移動し、ヨコスジフエダイが食い始めた。しかし大物の引きはまだない。
午後になり、私の竿に最初に55センチのイトヒキアジが来た。
thumbnail_IMG_2939.jpg
コサブさんにもコロダイが
thumbnail_IMG_2944.jpg
続いて私に、小さめの40センチほどのイトヒキアジがきた後、しばらく全く当たりがなくなった。
山田翁がどんどん小物を上げていたが、そのうちバラクーダが回ってきた。トモの住友さんにもバラクーダがかかった。
ぼちぼちかなと納竿時間を考え始めた2時を過ぎてから、菅澤さんの竿が大きくしなった。初心者菅澤さんの格闘が始まった。
thumbnail_IMG_2940.jpg
周りのうるさいくらいのアドバイスを受けながら、格闘すること約10分、あがってきたのは当日最大68センチのイトヒキアジ。おめでとう!!
thumbnail_IMG_2945.jpgthumbnail_IMG_2942.jpg
これで初参加の一人が大物ゲットできて3時になったので「皆さん納竿です!」と声をかけて、私も仕掛けを回収始めた。その時回収途中の私のえさに獲物が飛びついてきた!菅澤さんのより1センチ小さい67センチのイトヒキアジ!
thumbnail_IMG_2949.jpgthumbnail_IMG_2946.jpg
食いの悪い中、私の竿にはイトヒキ3枚が来てくれた。今年も大漁の予感がした。
加藤さんと住友さんは、この海に大物がいるのを目にし、次回道具を買ってリベンジに来るぞと燃えていた。
あさみも正月休みのため、台湾小吃に持ち込み楽しい懇親会。釣った魚が高級中華料理に変身だ。持ち込んだのは、コロダイ2、ウメイロ1、大きめのフエダイ3、マブタシマアジ1。
thumbnail_IMG_2965.jpgcollage_photocat.jpg
残りの魚は、5日の朝からさばいて干物に。イトヒキアジは、切り身で塩焼き用の干物にthumbnail_IMG_2966.jpg
バラクーダ4匹とヨコスジフエダイ8匹は、「カマスの干物」「タイの開き」用に干物に
thumbnail_IMG_2967.jpg
今夜から営業開始のおでん屋クンちゃんに出ます。









楽しい年末年始!!

バンコクから20年来の友人たちがゴルフにきて、31日は一緒にプレザントバレーでゴルフをした。
2019年最後の営業となった大晦日、グリーンライフに止まった旧友達もおでん屋に来てくれ、また前日に来てくれた札幌からゴルフ旅行に来ていた西口さん夫婦がこの日も来てくれた。thumbnail_IMG_2917.jpg
この西口さん、同級生の友達がバンコクにいるのでシラチャの後はバンコクに行くと言っていたのだが、その友達というのが何と偶然に、私の20年来の友人であるのには驚いた。
大晦日は、タイ人客も少なく、日本時間のカウントダウン時(22時)には、日本人だけになっていた。シャンペンを開けて新年を祝った。
thumbnail_IMG_2919.jpgthumbnail_IMG_2921.jpgthumbnail_IMG_2920.jpgthumbnail_IMG_2922.jpg
この日は、0時に花火があがった。どこかでカウントダウンしていたのだろうか?店は11時半には締めた。
新年の1日、朝早くでて、またバンコクから来た田中さんと武さん、クンちゃん、の4人でゴルフに出かけた。行く途中、車の中から初日の出を拝んだ。
thumbnail_IMG_2928.jpg
thumbnail_IMG_2930.jpg
あっそうそう、一つ報告を忘れていた。うちのシロがかなり白くなくなってきていたので、大晦日に洗った。店のスタッフ夫婦に洗われても、結構じっとしていた。真っ白に、ふわふわになった。
thumbnail_IMG_2912.jpgthumbnail_IMG_2918.jpg
是非、来週は白いシロを見ていただきたい!!

年末年始の営業について

28日にすでに帰国した菅沢さんが正月休みを利用してやってきた。29日に早速ゴルフ。
thumbnail_IMG_2910.jpg
病み上がりゴルフは、やはりうまくいかなかった。ショートで池2発入れ、100点!来年は常時2桁目指して筋トレに励む。
ところで年末年始の営業についてご案内が遅れましたが、明日31日大晦日まで営業します。来年は、1日から5日まで休業し、6日から営業再開です。本年中は、たくさんのお客様に来ていただき本当にありがとうございました。来年もおでん屋クンちゃん、よろしくお願い申し上げます。
尚、明日31日は、恒例の「年越しそば」をご用意してお待ちしております。

大腸憩室炎になっちゃった!

23日から左下腹が痛かった。きっと22日のコンペ後に食べすぎたせいだろうとタカをくくっていた。それが次の日も痛いし、25日には夕方熱が出て、木曜日に慌ててサミテベ病院に行った。事前にネットで、下腹部痛を検索し調べてみたら、症状からおそらく「大腸憩室炎」ではないかと疑っていた。
病院で症状を説明し検査に入る。ご存じのようにサミテベは、保険治療の日本人だと見ると、盛んに検査が増える。まずは血液検査、肺のレントゲン、なぜ肺のレントゲンが必要かと尋ねたら、腸の内視鏡検査ができるかどうかに必要だとか??まあ、そのあと、腸の内視鏡検査と胃カメラもというので、胃は関係ないので必要ないと断った。(今年5月に人間ドッグで胃カメラ検査は済んでいたし)
いよいよ、生まれて初めて肛門からものを入れられる。その前に、便をすべて出し腸内を空っぽにするという。10平米くらいの便器といすしかない部屋に閉じ込められて、下剤と水1Lとなんかポカリスエットみたいな水(これも1Lくらい)、これを2時間で全部飲めと言われた。
thumbnail_IMG_2902.jpg
なかなか、2Lの水が飲めるものではない、1時間半くらいかけてやっと飲み終わったが、腹はパンパン、便意はまだ催さない。2時間くらいでやっと来た。その後は、2.3分おきに便意をもよおし、7,8回でやっと透明な排出物になった。
その排出物を確認後、お尻に穴の開いた紙パンツをはかされ、いよいよ内視鏡だ。
thumbnail_IMG_2903.jpg
キャップもかぶって、検査室へ
thumbnail_IMG_2904.jpg
生まれて初めてなので怖がっていたが、麻酔で知らないうちに終了。そのあと、CTスキャンも。これは確認のためらしい。
結果、大腸に3か所穴というかへこみがあり、病名は「大腸憩室炎」。予想がぴたりと当たった。
抗菌剤を点滴で入れるため、結局一晩入院させられた。
thumbnail_IMG_2907.jpg
金曜日朝再度抗菌剤投与、午後には退院させてもらった。今日も朝から3回目の抗菌剤投与に行ってきた。あとは内服薬で様子を見るらしい。
正月を前にして、危ないことになったものだ。先生曰く、大腸の病気なので、刺激物も食べていいし、酒も少しは問題ないと。救いだ。
しかし、腹が立つのは、病院内の冷房が効きすぎて、3日間で風邪気味になってしまったこと。何とか乗り切りたい。

イベント盛りだくさん・クリスマスイブ!!

1、浅田さんの誕生日
12月24日はくしくも常連浅田さんの56歳の誕生日だ。祝いに大勢集まってきた!
thumbnail_IMG_2893.jpg
シャンペン抜いてみんなで乾杯!!
thumbnail_IMG_2899.jpg
2、健康ファーマシー加藤さん・超VIP達成。写真入りタグに!!
55本の酒を飲み切り、昨日56本目が入り、見事超VIPに昇格した。
thumbnail_IMG_2897.jpg
3、焼肉トラおやじ(セイリー)の息子がめちゃイケメン!
トラのセイリさんの日本に住む息子がやってきた。言っては失礼だが、親父に似ても似つかぬイケメンだった。うちの常連さんもびっくり!
日本人なので、またトラで見かけたら声をかけてあげてください。
thumbnail_IMG_2900.jpg
最後に比較写真もどうぞ
thumbnail_IMG_2898.jpg


第45回クンちゃんコンペ

22日第45回クンちゃんコンペを開催した。年末も押し迫り、一時帰国や忘年会などで参加者も少なく15人4組で開催。
thumbnail_IMG_2868.jpg
thumbnail_IMG_2879.jpg
私は、最近サヨリ釣りにはまっていたので、1か月振りのゴルフとなり心配していたが、筋トレの効果が出たのか飛距離がアップ。久しぶりに95を切るスコアが出て、3アンダーとなり600バーツも罰金払うこととなった。クンちゃんも108と最近は安定。
宴会はいつもの「台湾小吃」、皆さん罰金を握って写真!
thumbnail_IMG_2869.jpgthumbnail_IMG_2870.jpg
今回は、1オーバーで3人が並び、優勝から3位までじゃんけんで決着。
collage_photocat.jpg
その結果、浅田さんが優勝、2位に最高齢高濱さん、3位に山本さんとなった。
thumbnail_IMG_2873.jpgcollage_photocat4.jpg
ニアピン賞の皆さん
collage_photocat2.jpg
グロスでクンちゃんに負けた人は、1打20バーツの罰金。次回は頑張ってください。
collage_photocat3.jpg
また今回は、平井さんがイーグルを出した。いままでコンペでイーグルは見たことがない。うちのコンペでホールインワンは2回あるが、イーグルは初めてだ。残念ながら賞はなかったが、皆の拍手で祝福!!
thumbnail_IMG_2878.jpg
最後に台湾小吃の前で記念写真
thumbnail_IMG_2883.jpg
いつも楽しいクンちゃんコンペ、来年も幅広く皆さんのご参加をお待ちしています。次回は、2月23日の予定です!!

大学のクラブの後輩が来てくれた

大学の剣道部2年後輩の島田さんがシラチャに来てくれた。10月のOB会に参加した時に30年ぶりに顔を合わせ、早速ゴルフ仲間二人を連れてシラチャに来てくれた。島田さんは30年前に6年間バンコクに駐在経験があり、ちょうど私と時期も重なっていた。タイ語もいまだに達者なものだ。
到着した19日の夜、おでん屋クンちゃんで旧知のコサブさんも呼んで、一杯!(右手前から二人目が島田さん)thumbnail_IMG_2864.jpg
20日はサイアムオールドでゴルフ、夕食後またおでん屋クンちゃんに寄ってくれて、懐かしい昔話に花が咲いた。
thumbnail_IMG_2862.jpg
今日21日は、タナシティでゴルフの後、バンコク市内観光を少しして、今夜の便で帰国する。2泊3日の強硬スケジュールだ。次回はもっとゆっくり遊びにおいでと言っておいた。

再びご来店・双子の加藤さん

健康ファーマシーのブログでも紹介されていましたが、先週おでん屋クンちゃんにも加藤さんンのお兄さん・ツヨシさんが来てくれた。
thumbnail_IMG_2832.jpg
同じなのは顔だけでなく、声、話し方、まで同じなので、とっても不思議な感じだ。
ありがとうございました。またシラチャに来たときはお立ち寄りください。待ってます!!

うらやましい・お墓がないタイ人

日曜日にサタヒップに釣り道具買いがてら昼飯を食べに行った。よく行く桟橋の横のレストラン、お気に入りである。
thumbnail_598082935.021345.jpg
古い木造桟橋があったのだが、老朽化し現在、コンクリートの桟橋に改築中だが、まだ終わっていない。
thumbnail_IMG_2844.jpg
ところが、その改築中の桟橋に人影が見え、たもとにはお坊さんがいた。何をしてるのか聞くと「ローイ・アンカーン」だという。
ローイ・アンカーンとは、海への散骨のことだ。お寺で火葬した骨は、家族が後日船で出て海に散骨する。日本だと色々問題があり、どこでも散骨できないようだが、チョンブリ、ラヨーンの人は、皆散骨するようだ。
海のないイサーンではどうするのか、ふと疑問に思いスタッフに聞いてみた。彼女の出身はスリンなので海はない。お骨は、骨壺に少し入れて、家に置く人や、お寺に収める人や様々だという。骨壺はこれ。
thumbnail_IMG_2852.jpg
彼女のおばあさんの場合は、お寺に収め、お寺の塀際にボックスがあり、その中に収めたようだ。
thumbnail_IMG_2851.jpg
塀際にはこのボックスがたくさん並び、布で巻いた骨壺を収め、モルタルでふたをしてしまうらしい。
どちらにしても、お墓がないタイ人はうらやましい。我々の年代は、先祖代々の墓をどうするか、皆悩んでいる。

「緑寿」のお祝いを頂いた!!感激!!

誕生日はすでに過ぎ去ったのだが、土曜日にグリーンライフ在住の吉浦さんの会社の皆さんが来店され、「緑寿」おめでとうございますとプレゼントを頂いた。私もその場で開けたらよかったのだが、「緑寿」も知らなかったし、時期が時期だけに、会社のニューイヤーパーティの景品かなくらいに思って開けなかった。後で開けて驚いた!私はいつも店では、雪駄(これも実は吉浦さんの前任の笹渕さんにいただいたものなのだが)に藍染めの前掛けで出ているなのだが、それを頂いた!
thumbnail_IMG_2839.jpgthumbnail_IMG_2840.jpg
thumbnail_IMG_2838.jpg
早速、つけてみた!!
thumbnail_IMG_2837.jpg
めちゃくちゃ嬉しい! 聞いたことがなかった「緑寿」(ろくじゅ)を調べてみると、2002年から日本百貨店協会が提唱した新しい長寿祝いだとか。65歳で定年した人に祝わすための百貨店の戦略だと分かった(笑)
前掛けが入っていた袋にも「緑」の文字が・・・
collage_photocat.jpg
本当にありがとうございました。大事に使わせていただきます!!

シロの外出は嬉しい

日曜日の夜、焼肉トラに出かけた。久しぶりの外出に、普段だらだら歩いているシロは、走ってついてきた。「お前、走れるやないか!」といった感じ。トラの前まで来た。
IMG_2812.JPG
食事が終わるまでずっと待っていた。まだ出てこないかなあ???
IMG_2810.JPG
約2時間も待たされて、やっと家路についた。
IMG_2809.JPG
その後、パット・マッサージに寄って、また2時間店の前で座って待っていた。彼にとって、楽しい外出だったようだ。
月曜日からは、いつものだらだらで、昼間はアパートのドア前で昼寝だ。
thumbnail_IMG_2814.jpg

日曜日のサヨリ

コローイの橋は、近くていい。最近は週2回くらい自転車で行く。サヨリが回ってなければ30分でやめて帰宅といったような非常に便利な釣り場である。昨日は、満潮が午後1時55分だったので、午前中にウォーキング、筋トレ、食事も終えて、12時半にコローイに行った。
前日、屋台常連の中川さんに声をかけていたので、彼も少ししてやってきた。非常に風が強く波もあり、ウキの反応が分かりにくいので、置き竿の先だけを見ながら待つことにした。1時を過ぎたころから、釣れ始めた。ルアー釣り専門の中川氏は、ワームで挑戦していた。
thumbnail_IMG_2804.jpg
中川さんも、コローイのサヨリ釣りにハマりそうだ。昨日は結局3時半まで釣って、33匹の釣果
thumbnail_IMG_2805.jpg
帰ってすぐに開いて、今朝からベランダに干した。今日の夜には、おでん屋クンちゃんのメニューに「サヨリの干物」が出る。乞うご期待!
thumbnail_IMG_2807.jpg

ペッ・パロー(合鴨の潮州風煮込み)

read_pic.jpg
スラサック1通りにある「トイ・ペッパロー」、以前にも紹介した鴨の煮込みの店だ。通い始めて10年になるが、相変わらず美味しい。
「パロー」とは潮州華僑料理で、八角入りの醤油煮込みである。バンコクにいるときによく食べに行ったのは「ハーン・パロー」、全く同じ煮込みだが、「ハーン」はガチョウであるのに対し、「ペッ」は合鴨である。当然ガチョウの方が大きく身も厚いが、脂っこい。それに対して合鴨はさっぱりと食べられるので、最近は「ペッパロー」の方が好きだ。
「ペッ」は、英語のダックで「ハーン」はグースである。トイの店には、たくさんの日本人をお連れしたが、100%美味しいと言う。日本人の口には非常に合うのだろう。この店は朝からオープンしているのだが、残念なことに6時前には閉店する。したがって駐在員の口に入ることはほとんどない。休日のお昼ご飯に是非食べてほしい料理だ。

常連さんのオモシロTシャツ

よくこんなTシャツを探してくるなあと思うことがよくある。
出張でよく来る常連の堤さん、この前来たときはこれ!
thumbnail_IMG_2571.jpg
100キロを超える彼が着るとよく似合う。次に来たときはこれ!
thumbnail_IMG_2669.jpg
以前他のお客さんも着ていたが、大きな体の人は良く似合う。思わず笑ってしまうTシャツだ。

サタヒップ沖・昨日の釣果

ジェーの船でサタヒップから出港、サタヒップ沖に出た。ジェーの話では、イトヒキアジはここ最近少ないとのことだが、ヨロイアジがよく釣れるとのことだった。今回も彼がなかなか餌のイカが捕れないところ、朝4時まで、サメサーンの方まで出向いてやっと確保してくれていた。
thumbnail_IMG_2768.jpg
メンバーは、いつものコサブさん、松田名人、長谷川さん、山関さんの5人
thumbnail_IMG_2771.jpg
この日の満潮が9時17分だったので、ポイントに着いてからちょうどよい潮加減になっていた。第一投めからピア(ヨロイアジ)がヒット、5人全員が11時までに、2枚から3枚を釣り上げた。数少ないといわれていたイトヒキアジもコサブさんが一つ。
thumbnail_IMG_2775.jpgthumbnail_IMG_2780.jpgthumbnail_IMG_2779.jpgthumbnail_IMG_2777.jpgthumbnail_IMG_2776.jpg
この日私の竿には、ヒシカイワリが一つ上がった。ヨロイアジとヒシカイワリは、よく似た魚だが、シーチャン島のワンチャイは、ヒシカイワリもヨロイアジも「ピア」と呼ぶ。しかし、ジェーによると、「ピア」はヨロイアジで、ヒシカイワリは「フーペー」という違う魚だという。
ちょうど、2種類が釣れたので、比較写真を掲載しよう。
thumbnail_IMG_2773.jpg
上がヒシカイワリで、下がヨロイアジだ。下あごが大きく出ているのがヒシカイワリだ。こう比べると違いがよくわかる。ヒシカイワリの方がゼイゴが発達していて盛り上がってて固いので、引きが強いのだとか。
この日は、結局13枚のアジ類をゲットしたが、魚のバラエティには欠けた。夜は台湾小吃に持ち込み、高級中華で美味しくいただいた。
残りは、今朝から干物にしているので、今夜から屋台で「オオアジの塩焼き」で振る舞う。collage_photocat.jpg