サタヒップの空母見学

2月4日日曜日、本当はバーンサレーから釣りに出る予定だった。前日キャプテンから電話があり、金曜日から北風が吹き、海も荒れ、満月近くで餌のイカも取れないという。結局4日はやめて12日に延期することにした。
いきなり4日が暇になり、朝からお客さん3人連れてサタヒップの軍港見学に行くことにした。空母911チャクリ・ナルエベッ号が、一般公開されていると知ったからだ。
少し迷ったが、港に到着した。駐車場は、倉庫の前、入り口は倉庫の入り口。倉庫の中は、土産物店が並ぶ。
画像

日曜日とあって、タイ人の家族連れも多く、倉庫をでて桟橋の受付を通り、空母に上がっていく。これが受付、身分証明書を求められる。ではなくタイ人のIDカードの提示を求められる。
画像

ところが私の順番になり、パスポートは持ってないので免許証でどうだと聞いたら、「外国人は入れません!」
家族連れの子供もみんな空母に上がっているのに、外国人は入れないと知り、かなりショック!
そういえば、周りに外国人は一人もいない。知らなかった。
「外からはどこからでも写真を撮ってもいい」と言われたので、写真撮影だけになった。
画像

画像

182メートルというから、空母としては非常に小さい。世界最小では???
その左側には、補給艦「シミラン」871が停泊している。これが173mあるので、空母が妙に小さく見える。
画像

どちらにせよ、登れなかったのは残念だった。タイ人のクンちゃん一人が上がって写真撮影していた。81歳の朝子さんが、喜んでくれて何より。次は登りたいと言っていたが・・・・・
何とかコネを探さないと見れないかも??

"サタヒップの空母見学"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: