日本大使館で少しトラブル

年に1度、「年金受給者現況届」というのが送られてくる。要はまだそこで生きていることの確認なのだが、海外の場合、日本大使館に届けている在留届に基づいて「在留証明書」を発行してもらうことになる。
昨日朝から、タイヤ交換も終えた車を運転して、大使館に向かった。到着したのが10時15分、日本大使館の駐車場はガードマンでなくタイの警察官が管理していて、「免許証」と日本語で言われ、免許証を預けてビジター札をもらい駐車した。
この前のミャンマー大使館とは異なり、さすが日本大使館、11時15分には、証明書を受け取ることが出来、駐車場へ向かった。預けていた免許証を受け取り、大使館を後にした。その時確認しなかった。「日本大使館」だし、警察が駐車場を管理してるし、安心しきっていたのかもしれない。走り始めてしばらくして気が付いた。返されたのは私の免許証ではなく、別のタイ人の免許証だった。
いくら自分で運転してて、顔も黒いからといってタイ人に間違うなよ。友人と昼食の約束をしていたので、彼の会社へ向かい、その後に再度大使館に戻ろうと考えた。
結局2時頃に再び日本大使館に戻り、「違う免許証を渡されたのだけど・・・・」。3人の警官が「コップンカップ、コンップンカップ」と言いながらやって来て、私の免許証と交換してくれた。そのタイ人はすでに帰ってしまっていて、電話で連絡して取りに来てもらうそうだ。
それにしても、大使館の警官の対応が非常に礼儀正しく、謝ることもでき、今回時間は無駄にしたが、腹はあまりたたなかった。
皆さん、受け取った自分の身分証明は必ず確認しましょうね!!

"日本大使館で少しトラブル"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: