「おでん」という言葉

屋台に来るお客さんがよく尋ねる。「関東風ですか関西風ですか?」
元々、関西には「おでん」は、なかったんだと思う。語源は味噌田楽の田(でん)なのだから、濃い味の関東生まれのものであったように思う。その具を、大阪風の薄口出しで煮ることが始まったのか。
子供の頃は、うちの親も「関東だき」と呼んでいた。今でも母親は関東だきと呼ぶ。「おでん」という言葉を初めて知ったのは赤塚富士夫の「おそ松くん」だ。上から三角、丸、四角の串に刺さった食べ物がはじめての「おでん」であった。それ以来、こんにゃくは三角に切る。料理の中で具材を三角に切るものは極めて少ないように思う。
東京の人に、「ちくわぶある?」とか「はんぺんある?」とよく質問される。「ちくわぶ」は、今まで一度しか食べたことがないが、私にとっては全く旨くないものである。はんぺんは、嵩が増えるし、長く煮るとふにゃふにゃになるので好きではない。申し訳ないが、原価の関係もあるが、あくまでも大阪風というか私風の具材である。

また、今回初めてわかったが、タイ人にとって「おでん」は、丸い練り物、いわゆるルクチンプラーの類を意味する言葉と思っている人が多い。これは、紀文さんが古くからおでんの具と称して練り物のセットをデパートで販売しているからかもわからない。また響きが似ているせいか、「おでん」と「うどん」と理解している人もいる。最近よく出るオリジナルメニュー「おでんうどん」にいたっては、それ何?状態だ。
次回は、写真付きで、メニューの紹介をしたいと思う、頑張ります。

"「おでん」という言葉"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: