地震と津波

昨日からテレビは日本の恐ろしい現状を伝えている。驚いて母親と家内に電話したが、大阪の実家は何もなく、家内の実家のある串本も津波の影響はまだないようで安心した。
1995年の阪神大震災のときもバンコクに駐在していたのだが、当時はインターネットも普及しておらず、テレビの日本放送すらなかったので、日本で起こっていることが数日間よくわからなかった。大阪泉南の家に電話した時、大阪湾を隔てて、神戸の火災の日が2階の窓から見えていると聞いたときは驚いたものだ。
今は、日本のニュースがタイムリーに見られるので起こっている事が手に取るようにわかる。
2004年にタイでも南部で大津波を経験し、「TSUNAMI」という言葉はタイ語にもなっているので、皆心配してくれている。福島から長期出張に来ているお客さんが、実家と連絡が取れないということで急遽明日帰国することになった。何もなければよいのだがと思う。
タイ政府も500万Bの援助金を決めたということだが、ありがたいことだと思う。一日も早く余震が収まり、復興に向かい始めることを祈るばかりだ。

"地震と津波"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: