ロビンソンやマクロの異常な混み方!!

先週からロビンソンのレジが異常に並んでるのに気づいただろうか??
昨日、マクロに仕入れに朝11時に行ったら、駐車場がいっぱいで停められず、そのまま引き返した。
夕方なら空いてるかなと思い、再度7時に行ったのだが、午前中と全く同じ状態。帰る客の車が出るのを待ってから駐車した。店内に入るとすごい人、レジには長蛇の列
thumbnail_IMG_2409.jpgthumbnail_IMG_2408.jpg
なぜ混んでいるのか知らずに、とりあえず買い物を済ませた。レジは数か所長蛇の列だったが、普通に空いているレジも半分以上あったのでそこで並んで、支払いを済ませた。
店員にこれは何なのか聞いたら、「チムショップチャイ」という名前で、政府から一人1,000バーツもらえるらしい。もらえるというより登録者が1,000バーツの買い物がアプリ上でできる制度らしい。
9月23日から1日100万人、合計1,000万人の登録を受け付け、その権利を得たものがスマホのアプリを見せて買い物ができるようだ。すでに1,000万人は締め切られ、使える期間は10月15日までだという。
条件としては、IDカードの登録されている住所(住民票の住所)の県内では使えず、他県でしか使えないという。したがってチョンブリに家がある人は、バンコクやラヨーンで1,000バーツの買い物ができるわけだ。
シラチャに住んでいる人たちの多くは、IDカードはイサーンなどの田舎の登録だからチョンブリ県でも1,000Bの買い物ができるというわけだ。
しかし、総額にすると100憶バーツにもなるのだが、まあ当然高所得者は、登録することができないが、ズルをしてるヤツもいるかもしれない。
また、調べてみると、この制度以前に、「福利厚生カード?」なるものを、貧しい人は登録できたそうな。
社会福祉カード.jpg
これが登録できると1軒につき電気代230バーツ水道料金100バーツが、11か月間支給されるらしい、これも1,500万人ちかい登録者がすでにおり、その人たちは今回の「1,000バーツ」には登録できないようになっているという。これは地方に住む貧困者対策だろう。そして前者は、地方から出稼ぎに来てる人達用だろうか。あと2週間は、この騒ぎ収まりそうもない。
それにしてもすごいバラマキ政策!!タイ人から説明してもらった内容はこれだが、間違っているところがあったらごめんなさい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント