3月11日コサブ一人舞台の釣行

画像

夜明けとともにバーンサレーを出航。メンバーは5人。
画像

前回は生きイカが捕れず、潮も動かず、悲惨な釣果だったので、今回は皆意気込んで乗り込んだ。
いけすには餌のイカが十分泳いでいる。風もあり気持ちよし、潮もよし。「トモで釣りたい人??」と声をかけても、手を挙げたのは一人だけ。私は今回ミヨシで釣ろうかと思っていたのだが、皆遠慮して手を上げないので、私小三郎さんがトモで釣ることになった。
ポイントに着いて、すぐは潮が止まっていたが、しばらくしていい感じで動き出した。めちゃくちゃ釣れる予感がしたが、この日は小三郎さん一人のお祭りとなってしまった。まず来たのは「コバンザメ」、その次はなんと60センチの「タマン」(ハマフエフキ)、久しぶりにタマンの大物を見た。
そのころ、私を含め、他の人の竿にはあたりすらない。サビキの小物用にも反応なし。
その後も、小三郎さん一人上げ続ける。イトヒキアジのいい型を3つ。お昼を過ぎて、釣っていたのは彼ひとり。
画像

どうなってるの????みんな餌も仕掛けもほぼ同じ、日によってこんなこともあるのが釣り。この後、小三郎さん、「サンゴを、釣ってしまったみたい。重たい、切れるな。」などと言いながら上げてきたら、これが立派な「オニサザエ」 運のいい日はすべてがこうなる。
2時近くなり、生きイカもなくなってきたため、死にイカに変更。釣れない4人は、置き竿して寝てる人もいる。もくもくと釣っていた井関さん、4回目の参加だが、坊主では帰らない。サメがきた! どうだ!捕ったぞ!
画像

2時半になり、北さんの置き竿と私の置き竿の仕掛けが絡む。大体釣れなくてふてくされてると、よくこんなことになる。仕掛けを切り、私はメインの竿を片付けた。すでに2時半になっていた。小物用の竿に、ワイヤハリスを付けて、死にイカを1匹掛けして、流してみた。するとその竿に、小さなイトヒキアジが食いついた。坊主を逃れた瞬間だった。その後、北さんの「あと5分で納竿でーす。」という言葉と聞いていたら竿が大きくしなった。クィーンが一つまた来た。
画像

結局、最後の15分で私は2匹釣っただけ。でも坊主は何とか逃れた。結局釣れたのは、コバンザメとサメは映ってないが、これだけだ。真ん中にどんとあるのは、小三郎さんの釣った?「オニサザエ」
画像

3時に納竿して、帰路についたが、こんな日はまだ不幸が終わらない。バーンサレーの港を目の前にして、エンジンが故障。何とかだましだまし桟橋に着いたのは5時だった。
刺身、寿司も若干飽きてきたので、昨日は「台湾小吃」に持ち込んで料理してもらった。
画像

オニサザエはゆでて切り身で、クィーンは揚げて甘酢餡かけ、イトヒキアジは刺身とスープに、タマンは姿で醤油蒸しにしてもらった。高級中華料理となった。食い気に走って、宴会風景を撮影するのを忘れてしまった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック