愛車VIGOのキャリーボーイを修理

タイのピックアップトラックの後部荷台に取り付けてある屋根は、ほとんどが「Carry Boy キャリーボーイ」というメーカーのもので、純正のものではない。
10年も使っているので、ここ数年ハッチの閉まりも悪く、雨漏りはするし、屋根の塗装はハゲハゲになって、みすぼらしくなってしまった。今回、思い切って新調しようと思い、バンプラにあるキャリーボーイの代理店に持っていった。
画像

すべて新しいのと取り換えようと思っていたのだが、なかなか、しっかりした美人のオーナーが、「もったいない、変えなくていい。取り換えると35,000バーツかかる。全部修理できるから」という。
塗装もやり替えて8,500バーツで済むというので、その場で取り外して預けて帰ることにした。来週には、きれいになり取り付けられる予定だ。
愛車VIGOも、2007年11月に購入の時、すでにキャリーボーイを取り付けてから納車させたので、取り付け前の自分の車を見たことがなかった。他人の車のようで、結構気持ち悪いが、1週間の辛抱だ。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック