風と寒さの中の釣行

雨季も終わったが、ベトナムに台風が上陸?その影響か、昨日は朝からすごく風が強かった。昨日は、ジャンバーを持参で釣りに行った。メンバーは、いつもの小三郎さん、北原さん、山田長老の4人。
乾季の風になり、出航はサタヒップ。着いたのが6時だったが、腕組みして震えるほど寒かった。いつものキャプテンジェーから電話がかかった「すでに日本人5、6人が乗船したが、阪本さんのメンバーですか?」、「えー???」
メンバーはそろって、駐車場で荷物を降ろしジェーの迎えを待っているのに・・・・別の船の日本人グループが船を間違えたらしい。
そんなこんなで、少し手間取ったが、強風のサタヒップを出航した。前夜満月で、獲れた活きイカは30匹にあるかないかだった。また、ロイカトーン明けで漁師も漁に出なかったらしく市場にもイカはなかったという。先ほどの船を間違えたグループは、乗り換えた船に餌も用意されてなく困っていた。
すごい強風のため、カム島方面には出れず、風を受けない島影のポイントで釣ることになった。
昨日は、小三郎さんデーとなった。いきなりヨロイアジを二つ上げ、その後カンモンハタ一つ、しばらくして小さめだがクィーンを一つと悪条件の中、午前中に4つ上げた。
画像

画像

横で釣っていた私は、しばらく当たりもなかったが、やっとヨロイアジ53センチをゲット。
画像

結局これがこの日の最大サイズとなった。
ミヨシでは、山田長老がもくもくと仕掛けをおろし、もくもくとハタやフエダイ、ヨロイアジ、などを釣っていた。長老のクーラーボックス。
画像

午前中に活きイカもなくなり、場所を変えてしばらく小物釣りに切り替えた。サビキを下すと子アジがたくさん来たので、みりん干し用に釣って帰ることにした。
トモのクーラーボックスはこれだけ。ビニール袋の中はアジと小物。
画像

餌もなくなり2時前に納竿。4時半にはシラチャに帰れた。魚種も多かったので、この日は少人数で「台湾小吃」で高級中華料理?にしてもらった。
画像

「ヨロイアジのしょうが炒め」
画像

「ヨロイアジの姿揚げ・あんかけ」
画像

「フエダイ、ハタ、の四川風スープ」
画像

「ハタの醤油蒸し」これは数匹まとめてやってもらった。
画像

全部美味しかったが、ハタの醤油蒸しは絶品だ。骨までしゃぶる山田長老の姿まで・・・
画像

非常に疲れましたが、楽しい一日となりました。この日不調だった北原さんお疲れさまでした。
釣ったアジは、さっそく昨夜開いて、今朝みりん干しになっている。今夜から屋台に出ます。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック