南紀白浜・オーシャンハウス下川原

1週間のご無沙汰です。
一時帰国の時は欲張って多くのイベントを入れてしまうので、今回も3キロ太って戻ってきた。
19日の朝大阪に着き、20日はお昼に子供たちが孫を連れて全員集合
画像

21日は、大学のゼミの同窓会で神戸三宮へ。集まれば、64歳になっても大学生気分!
画像

23日は、前から予約しておいた和歌山の小池クリニックで人間ドック。今回生まれて初めて胃カメラなるものを入れたが、食道、胃、十二指腸ともポリープも癌もなし。肺のレントゲンも異常なし。その他の検査結果は後日来る、それが少し心配だ。
24日は、母と姉夫婦と田舎の串本へ墓参りと親戚に挨拶。夜は白浜温泉に宿をとった。昨年の9月にクエ鍋を食べに行って、いたく気に入ってしまった民宿・「オーシャンハウス下川原」だ。
今日は是非この民宿を紹介したい。ゴールデンウィーク明けの平日ということもあり、貸し切りだった。
画像

ここは、昔よく温泉地にあった大手銀行の保養施設を買い取り、夫婦で営業している民宿である。古き良き時代の温泉施設で、高台にあり全室オーシャンビューである。生憎の雨で、海がかすんでいるが・・・
画像

画像

玄関はこんな感じ
画像

お風呂はさすがに大浴場ではないが、源泉かけ流し。
画像

ご主人は、大阪で長く料理やを営んでいた人で、白浜でとれる新鮮な旬の魚を料理してくれる。すべての物が美味しい。今回の刺身は、今が旬のイサキとグレ。旨くて写真を撮り忘れたが、この後にイサキの鍋とてんぷらが出てきた。
画像

食べきれないと思ったが、平らげてしまった。ついでに朝食メニューはこれだ!
画像

タイでの釣りの話になり、釣果の写真をご主人に見せていたら、この南洋の魚の名前をすべて正確にいい当てた。こんな人を見たことがないので聞いてみると、彼はもう40年もダイビングをしており、水中カメラ撮影が趣味だという。東南アジアもあちこち潜りに行って、写真を撮った魚や貝などはすべて名前を調べ上げたそうだ。
また貝類の収集も行い、世界中で潜って集めた貝をコレクションし、ガラスケースに場所や名前を付けて展示しているのも驚く。
画像

画像

今年でご主人70歳というが、10歳くらい若く見える。夫婦でこの美味しい民宿をいつまでも続けてほしいものだ。
帰りに、また秋に帰ってきたらここに来ますと告げてお別れした。
このオーシャンハウス下川原、1泊2食で9,000円前後、値打ちがある。機会がある人是非!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック