「焼肉トラ」に行ってみた!!

最近シラチャは、焼肉屋ラッシュである。何軒もの焼肉屋がオープンするが、高くて行けない店も多い。
マカブシャーの日にビールが飲める店を求めてソイソニーを散策していたら、たまたま店内で屋台に来るお客さんがビールを飲んでいるのが見えたので入った店が「焼肉トラ」であった。まだオープンして1か月半だという。
画像

画像

焼肉屋に入るときには勇気がいる。高いのか?安いのか?肉はうまいのか?高くて旨いのは当たり前だが、高くて大したことがない店があるとも聞く。安くて、肉もそこそこ旨ければいい。
ビールを頼んで、まずはメニューチェック。
画像

画像

「牛トラ盛」299Bを頼んでみた。カルビ、ハラミ、ハツ、ヒレ角が各4切れづつ、計16切れがセットになっている。
画像

1切れのポーションが分厚く大きいので、結構なボリュームがあり驚いた。おっさん二人ならこれで十分な量である。当然メニューには他に、野菜やクッパ類、麺類もある。
食い気に走って写真を撮るのを忘れたが、ハツが妙に旨かったので、別にハツを頼んだのだが、1皿の量が多い。注文しすぎないようにしないと危ない。ほかに、ビール2本、ナムル、キムチ、仕上げにユッケジャン・ウドンというのを頼んで、二人で締めて1,200バーツ弱。リーゾナブルだと思う。
最後に客が私達二人になったので、得意のオーナーの身上調査をしたヾ(@°▽°@)ノあはは
画像

タイ人のこのオーナー、名前はセーリーという。日本に10年以上暮らしていて、日本人の嫁さんと子供を日本に残しタイに戻ってきた。新宿の焼肉「トラジ」に長く勤めて、チーフをしていたという。なんとその辞令がこれ。
画像

よくしゃべる楽しい親父である。動きも軽く、よく動く。まだ客も少ないので従業員一人と二人で店をこなしている。
お勧めの食べ方は、まず「牛トラ盛り」を頼んで、そこから単品に行くのがいいと思う。親父、一生懸命なので、何とか客が増えて、このリーゾナブルな価格が続けられるといいなあと応援したくなる。
好き嫌いはあるかもしれないが、一度行ってみる価値はあると思う。是非親父としゃべってみてほしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック