サミテベート病院のクラック

タイの建築は、しばしば、クラック(ビルのひび割れ)が入る。色んな原因が考えられるが、ほとんどは躯体工事の乾燥、養生時間が短いこと、時にはセメントに混ぜる砂を、川砂でなく海砂を使うことも原因かもしれない。
サミテベート病院が新棟を建てたが、同時に旧棟の外壁塗装も行った。たまたま見上げたら、駐車場からのエレベータの外壁に何やら、象形文字のような柄がくっきりと浮かんでいた。クラックの補修跡である。
画像

あまりに美しいのでアップしてみた。象形文字のように見えないだろうか?それにしてもすごいクラックである。
今建築中の高層コンドーミニアムも、コストを下げるための色んな手抜きをやっているはずだ。完成後1年しないうちにあちこちにクラックが入る建物も出てくると思う。注意して見ていると結構興味深いものだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック