チャンタブリの旅 1

4日間休みを頂戴し、チャンタブリへ行ってきた。チャンタブリは、隣のラヨーン県の東に接し、北の方はカンボジアと接している県である。
7日8日は、泊りでゴルフをする予定で出発した。シラチャから220キロ、おそらくタイで一番東側?にあるゴルフ場ソイダオハイランドまで3時間ちょっと運転した。
このソイダオハイランドは、初めて行ったのだが、チャンタブリの山奥にあるソイダオハイランドと言う名前は以前から知っていた。と言うのは、グローンライフの電話番号が038-326-400なのだが、ソイダオの番号が039-326-400で時々予約の間違い電話がかかってくるからだ。実はこの番号現在は使われていなくて、実際は、039-460-960が正しい番号だ。予約の時に、「ホテル宿泊以外の方は、プレーができません。」と言われた。よくよく聞くと、クラブハウスが改装中で、ホテルの部屋でシャワーと言うことらしい。
それはさておき正午に到着、ホテルのレセプションもすごく感じがいい。すぐさまプレーしますかと聞かれ、クラブハウスまで案内されてクーポンを買う。カート込みで二人で3000バーツだから安い。部屋に荷物を置きに行ってる間に、カートにクラブが積まれ、キャディがホテルの前で待っていた。気持ちいい!
コースは、HPには白で6700と書かれていたが、コース改装で白で6300Yになっていて少しほっとした。打ち下ろし、打ち上げがほとんどで平坦なところがないコースだが、近くにソイダオ山がそびえ、チョンブリに比べると涼しく素晴らしく景色のきれいなゴルフ場である。
画像

画像

画像

初めてのコースで、アップダウンと見えない池と早いグリーンに悩まされた。初日は、13番のHC1のロングで10叩き、15番HC3のミドルで8叩き、39パット、108回と散々な成績であった。
2日目は、朝8時からプレーし、前日の教訓を生かし、1ホールごとに落としどころを考えてプレーしたおかげでなんとか95で上がることができた。
ホテルも新しく、クラブハウスはまだ終わってないがレストランは何とか使えるようになっていた。ゴルフコースを望むレストランとプールサイドから見るコースも絶景であった。
画像

夕食時
画像

朝食時
画像

画像

画像

部屋のベランダにはこんな椅子がぶら下がってる。昼寝に持ってこいだ。
画像

3月には、すべての改装が終わり、日帰りでもゴルフができるようになるという。宿泊は、朝食付き1800バーツだから、リーゾナブルだ。韓国人ツアーも入ってなく、また来たいゴルフ場だ。
一度皆さん一緒に行きませんか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック