港の「キリン」

アオウドムやレムチャバン港に、船の積み荷を上げるクレーンをよく見かける。タイ語で何というのか聞くと「ジラーフ」と教えられた。ジラーフとは英語のキリンである。
画像

そう言われて見ていると動物園の「キリン」に見えてくるから不思議だ。確かにキリンである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

  • ポポ

    ガントリークレーンですね。アームの高さは100m以上あると思いますよ。運転席も40m位の所にあるかも。日本で見学しましたが、エレベーターで運転席に行けますよ。港の花形の職業だそうです。50トン以上の物を吊り上げていました。電気もものすごく食うので送電線も専用でしたけど。
    2015年04月25日 21:23
  • りえねえ

    私達も、キリンと呼んでます。
    2015年04月28日 21:06
  • 管理人のおじさん

    へーっ!そうなんだ。日本でもキリンでしたか・・・・
    でもキリンにしか見えないよね。
    2015年04月29日 17:00

この記事へのトラックバック