料理法のタイ語④ 「蒸す」

第3回で終わりと書いたが、ひとつ忘れていた。「蒸す」という言葉だ。
純粋のタイ料理には、蒸す料理は殆どないが、シーフードなどのタイ中華には、蒸すものがある。一般的に「蒸す」と言う言葉は「ヌン」という。「プラーカーオ・ヌン・シユ」(ハタの醤油蒸し)のように使われる。
もうひとつ「オッブ」という言い方がある。「クン・オッブ・ウンセン」(海老の春雨蒸し)のように、蒸し焼き風なものに使われる。炊き込みご飯のようなものも「カオ・オッブ・○○」と言うから、一概に蒸し焼きとも限らないのだが・・・・。
以上で料理法のタイ語は本当に終わりです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

  • e-シュン

    今回の調理方法のタイ語、たいへん参考になりました。
    ありがとうございました!
    2014年11月04日 09:53

この記事へのトラックバック