ジョークの旨い店発見

タイで食べられるお粥には、「カオトム」と「ジョーク」という2種類がある。米の形が残っているお粥を「カオトム」、米を粉状にして、どろどろのお粥を「ジョーク」という。一般的に、「ジョーク」の店は、小さな汚い店が多く、いくら旨くても、そこで食べようとは思わない店が多い。
今日紹介するのは、5ヶ月前にオープンした「ジョーク・サムヤーン」というお店だ。サムヤーンとは、バンコクのチュラルンコン大学近辺の地名である。今は、開発が進み、ビルがたくさん建ってしまったが、昔は、華僑が経営する有名なレストランがたくさんあった場所だ。あのプーパッポンカレーで有名な「ソンブーン」も、本店はサムヤーンにあった。この「ジョーク・サムヤーン」は、今でも営業していると店主の兄ちゃんが言っていた。
画像

画像

店内は、アンティーク雑貨をたくさん飾ったレトロ風デザインになっている。
画像

肝心のジョークもサッパリと非常に美味しい。「ジョーク・ムー」35バーツに卵を落としてもらって、40バーツだ。
画像

場所は、スラサック・セーンワン通り、Sen Suiteアパートを少し下がったところだ。歩道にのぼりが出ているからわかると思う。
画像

営業時間は、夜9時までだと言うから、晩御飯にも間に合う。とても気持ちのいい爽やかな兄ちゃんが迎えてくれる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック