チンチョク(ヤモリ)がお菓子を・・・・・

タイではどこでも見かけるチンチョク(ヤモリ)だが、害虫を捕食してくれるためタイ人も友達として付き合うようだ。ハエやゴキブリは、殺虫剤などで殺すが、チンチョクは、まるでいないかのように知らん顔してるものだ。慣れない日本人の奥様はキャーと悲鳴をあげる人もいるようだが・・・。
このチンチョク、生餌だけを食べるものだと思っていた。ところが、ある日おでん屋の仏様のお供えで、ココナツとタロイモもケーキを食べているやつがいた。
画像

いつも、犬のシロに食べられるので、最近はとられないように裏側においているのだが、新たなお客様が登場したわけだ。逃げないようにそっと写真を撮って、そのまま食べ続けていただいた(笑)
こんな小さなチンチョクだが、夜には、歯軋りのような大きな声で鳴く。日本人の皆様、少々気持ち悪いかも知れませんが、人間に危害は加えませんので是非仲良くしてもらいたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

面白い 面白い 面白い
ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • りえねえ

    ヤモリがお菓子を食べるとは、知りませんでした!
    2014年05月14日 20:37
  • やっちゃん

    久しぶりのコメントです。昔、子どもが小さい頃、家でヤモリを飼っていました。餌は、家のそばの畑にいる小さな蜘蛛。それから共食いもします。最初に飼っていたのが大人になった頃に、もう一匹見つけて一緒の水槽に入れておいたら、次の日に小さい方が消えていました。食べている所は見てないけれど、逃げることはないので、大きい方の腹の中に消えたのでしょう。一見不気味なんだけど、飼っていると可愛くなりましたよ。

    2014年05月14日 21:03
  • 管理人のおじさん 

    やっちゃん、共食いについてですが、屋台のランプのところに毎晩出勤してくる「太郎」というヤモリがいます。この場所は太郎の縄張りなのです。他のヤモリがそのランプの近くに寄ってくると、激しく攻撃します。おそらく自分の餌場が縄張りなのでしょう。
    2014年05月15日 12:06

この記事へのトラックバック