21日の停電の犯人

先週21日朝、トランスがショートし、停電した。その犯人はリスだったのだが、数人の証言では、リスが電柱の下に落ちていたという。ところが、死体を片付けた人間がいなかった。
なんと、感電したリスは死ななかったのだ。しばらくして意識を取り戻し、その場を逃げ去ったようだ。
画像

グローンライフに住み着いているリスはこの黒リス1匹だけなのだが、よく見て欲しい。おそらく感電の際に、シッポを失ってしまったようだ。一見子猫のように見えた物体は、あの黒リスだった。
写真が遠いので、見えにくいが、尻尾がなくなり、バランスをとりにくそうに塀の上を走っていた。
画像

おそらくシッポを失うと、もう電線の上は走れないだろう。また感電することもないだろう。
どちらにせよ、奇跡的に一命を取り留めたことを喜ぼう!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた 驚いた
ナイス

この記事へのコメント

  • I

    すごい!よく生きていた。
    写真もよくとれました。
    2013年06月29日 14:52
  • あきたさんち

    リスさんが死ななかったのは、不幸中の幸いでした(°_°)健康公園にも、数種類の毛色のリスさんがいますが、性格も千差万別で見ていて飽きません。ただ、停電の原因になるのは勘弁して欲しいですよね(-_^)
    2013年06月29日 19:26

この記事へのトラックバック