KSR 110-2

私は、バイクが趣味でも詳しいわけでもない。全くの素人である。
KSRに添付されてた解説書はすべてタイ語で読めないのであるが、写真があって解説があるので、このページは何について書いてあるかはわかる。その知りたいところだけを事務所のスタッフに読んでもらって理解した。
このバイク、一人乗りの前提に作られているのか、後ろのステップがない。特に必要もないのだが、他人が乗ってる奴には取り付けてあるので、パタヤまで買いに走って手に入れた。それと、雨ざらしにはしたくないので、カバーも買ってきた。純正ではないのでMサイズを買ったが、まだ少し大きい。
何でも自分でやってみたい私としては、ステップも自分で取り付け。
右側は、本体フレームのボルトをはずして止め込んだが、左側は、フレームパイプに取付金具を装着した後で、それに取り付ける。既製品についていたボルトは、5mmくらい短くて装着できなかったので、また新たにシラチャのバイク部品専門店を教えてもらい、同径の長いボルトを買ってきた。

右側がこれ
画像

左側がこれ
画像

走ってて、信号で止まったときに何回かエンストしたので、アイドリングが低いのを調整しようとキャブレターを見たら、大きなスクリューが見えた。ドライバーを突っ込み少し回してみたら、回転があがった。またひとつ賢くなった。
画像

走っていて方向指示器を消し忘れることが多い。よく見ると、運転中は指示器の点滅ランプがブレーキホースの影になって見えないんです。しょうがないから、指示器を点灯したときは、スイッチから親指を離さないようにして、意識して消さなくてはと改めて思う。タイではバイクが縦横無尽に走るため、消し忘れると事故に繋がるな。気をつけよう。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック