シラチャ食べ歩き 11

シラチャナコーン4にある「白茶家」の真向かいに「ラオレナーイ」というパブがある。
オープンの古い木のテーブル椅子を配したカントリー風のパブレストラン?
メニューは普通のタイ料理で特にこれが旨いというわけでもないが、私がこの店によく行くのは、二人組みのバンドが生演奏してるからだ。アコースティックギター2本のこのコンビ、太った「なぎら健壱」風のおっちゃんとカラバオ風の兄ちゃん。このなぎら健壱、ギターが非常にうまい、全レパートリー譜面なしで弾き語る。もう一人は、おそらくカラバオに憧れ、カラバオを練習し、カラバオを歌ってきたのだろう。二人の弾き語りのレパートリーの殆どはカラバオ。歌の合間に飲んでる客とコミュニケーションしながらおっちゃんがしゃべる、当然タイ語だが、なぎらとイメージが重なる。向かいの白茶家が見えるので、日本人が出てくると「らっしゃいませ~~」、タイ語がわからない人でもきっと聞いてて楽しいと思う。
食事の後に、ちょっと1杯。100PIPERのボトルを入れても400Bなので、フレンチフライつまみながらビール飲んでもメチャ安い。なぎら健壱コンビは、9時からのスタートだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ゲーレーオ

    はじめてコメントします。毎回楽しい話題をありがとうございます。
    私も足掛け8年も日本とシラチャを行ったり来たりしてますが、普段ほとんど奥さんの料理を家で食べてるせいか、狭いシラチャでもまだまだ知らない店が出て来るので、次は何処かと楽しみにしています。
    今後も楽しいお話をお願いします。
    2010年09月24日 20:56
  • 管理人のおじさん

    ゲーレーオさんありがとうございます。
    シラチャまだまだ1年半の新参者ですが、頑張って情報発信して参ります。
    2010年09月29日 13:01

この記事へのトラックバック